一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

2022年10月一口馬主成績

2022年10月は3戦で掲示板がありませんでした。

 

ロードのロードマンハイム(牡2)が中京芝2000Mでデビューしましたが、1.1差の10着という結果でした。

 

期待が大きかったので残念ではありますが、力を出し切ってのものではなさそうなので次走に期待しています。

 

ユニオンのブレーヴソウル(牡4)が1勝クラスに出走しましたが、大きく負けてしまい限界と判断されて引退となってしまいました。

 

キャロットのヴァイトブリック(牡6)が障害オープンに出走しました。13頭立ての6着で0.8差でした。

 

前半でゆっくり進め過ぎて勝負どころで動かなかったようです。

 

2022年で初めて掲示板がありませんでした。それも残念なのですが、3走しかできなかったのが・・・

 

今年も残り少なくなってきましたが、来年が楽しみになるような活躍を期待しています。

2022年9月一口馬主成績

2022年9月は4戦1勝でした。

 

ノルマンディーのカイザーレオン(牡3)が札幌ダート1700Mで勝ち上がりました。同世代のリオンラファール(セ3)も勝ち上がっていて、ノルマンディーは2頭出資して2頭が勝ち上がりました。

 

ロードも同じく2頭出資して2頭が勝ち上がりました。

 

キャロットはグレアファンタス(セ3)がラストチャンスで大敗して引退が決まり、3頭出資して勝ち上がりがありませんでした。

 

ユニオンはジュエルシティー(牝3)に出資していますが地方から中央復帰を目指すことが決まっています。

 

キャロットで3頭出資できて勝てなかったのがショックです。

 

ロードエクレール(牡4)が中山ダート1800Mのラジオ日本賞に出走して0.8差の6着でした。不良馬場が合わなかったと思うので次走に期待します。

 

ユニオンのラプタス(セ6)がコリアスプリント(G3)に出走して2着でした。勝ったと思いましたが最後に差されてしまいました。

 

出資馬初の海外遠征を経験することができました。勝てたら最高でしたが賞金を加算するこができて良かったと思っています。

 

カイザーレオンが勝って2022年4勝目となりました。2月までで3勝と好スタートでしたが6ヶ月勝てませんでした。

 

2022年も残り少なくなってきましたが1つでも多く勝てることを願っています。

キャロット2022年1歳馬募集で2頭出資確定

キャロット2022年1歳馬募集で2頭に出資が確定しました。出資馬無しも覚悟していたので出資できて嬉しく思っています。

 

今回は中間発表を確認してないでも申し込みました。

 

最優先でないと無理。最優先を使っても優先順で無理。一般でも出資できそうとか色々と考えるのが面倒になりまして。

 

最優先はプルメリアスターの21で最優先前年度落選で抽選でした。前年度当選だったのでチャンスはありませんでした。

 

アールブリュットの21はプルメリアスターの21と最優先で迷いましたが一般で申し込みました。最優先2年連続落選で抽選だったのでこちらもチャンスはありませんでした。

 

中間発表を見てしまうと迷ったときに出資できる可能性が高い方にいってしまうので見ませんでした。

 

今回はどちらもノーチャンスでしたが、中間発表を見たら別の馬に最優先を使ったいたかもしれません。

 

コルコバードの21は出資できる可能性が高いと思っていました。一般で抽選となり無事に当選することができました。

 

インクルードベティの21は一般で抽選でしたが落選。

 

コルコバード1頭かと思ったところ〇がもう1つありました。シンハリーズの21が一般で抽選となり当選していました。

 

コルコバード以外は最優先でないと厳しいと思っていたので、出資できたことに驚きました。

 

楽しみな2頭に出資できて満足しています。

カイザーレオンが勝ち上がりました

2022年9月3日、札幌3R3歳未勝利、ダート1700Mにノルマンディーのカイザーレオン(牡3)が出走しました。

 

最近は3、3、2、2着と勝ち上がりまであと1歩のところまできて、今回は連投でのラストチャンスとなりました。

 

地方からでも思っていたので、無理に出走して調子を大きく落としてしまわないか心配していましたが、無事に勝ち上がることができました。

 

同世代はロードとノルマンディーで各2頭出資して全4頭が勝ち上がり、3頭出資したキャロットは勝ち上がることができませんでした。

 

1頭出資したユニオンは地方から中央復帰を目指すことが決まっています。

 

キャロットは最優先で出資した馬がデビュー直前で引退。2頭が去勢しましたが良くなることはありませんでした。掲示板が1回も無いまま3頭引退となりました。

 

8頭出資して4頭が勝ち上がり、勝ち上がり率50%となっています。ユニオンの馬が地方から復帰して活躍してくれることを期待しています。

2022年8月一口馬主成績

2022年8月は4戦2着2回でした。

 

ノルマンディーのカイザーレオン(牡3)が札幌ダート1700Mで0.3差の2着が2回ありました。

 

どんどん良くなっているので未勝利期間に勝ち上がれなくても地方からでもと思っていました。上のクラスでも楽しめそうです。

 

キャロットのカテドラル(牡6)が小倉芝2000Mの小倉記念に出走しました。

 

前走が小倉芝1800Mの中京記念で2着。前年も同レースで2着して、次走は中山芝1600Mの京成杯オータムハンデに出走して勝っているので同じローテーションだと思っていました。

 

芝2000Mで見てみたかったので出走が決まっただけで嬉しかったです。

 

レースは直線で進路がなく1.2差の4着でした。残念な結果でしたが2000Mが問題ないとわかって次の機会があると思うので楽しみにしています。

 

ロードのロードエクレール(牡4)が札幌ダート1700Mのエルムステークスに出走しました。

 

最内枠に入って逃げるしかなくなりましたが逃げることができませんでした。

 

良いスタートではありませんでしたが抵抗なく残念な騎乗に思えました。楽しみにしていた重賞挑戦が出た瞬間に終わってしまいました。

 

8月も勝ちがなく3月から6ヶ月連続未勝利となりました。9月から調子が上がってくることを願っています。

カテドラルが久々の2000Mで

2022年8月14日、小倉11R小倉記念(G3)芝2000Mにキャロットで出資しているカテドラル(牡6)が出走しました。

 

前走が小倉芝1800Mの中京記念で2着。前年も同レースで2着して、次走が京成杯オータムハンデだったので同じローテーションと思っていましたが、今年は小倉記念に出走しました。

 

芝2000Mは中京芝2000Mで新馬勝ち。3歳時に中山芝2000Mの京成杯では逃げて11着でした。

 

5歳時に京成杯オータムハンデで重賞を勝つことができましたが、最近は特にですがマイルは短いと思っていました。

 

2000Mを希望していたので今回はとても楽しみにしていました。

 

直線に向くまでは良かったのですが進路がありませんでした。開いてからはよく伸びましたが4着まででした。

 

勝ち馬が1:57.4の3F34.6で、カテドラルは1:58.6の3F35.1でした。2着までは0.4差だったのでスムーズならと思える内容でした。

 

団野騎手が折り合いの問題は無く2000Mは大丈夫とコメントしていました。個人的には前から2000Mで見てみたいと思っていたので嬉しく思っています。

 

勝てると思っていたので残念な結果でしたが、レース選択の幅が広がったので良かったと思っています。

 

G3のハンデ戦だと斤量が重くなるので定量戦で見てみたいです。毎日王冠はどうでしょうか。

 

次走が楽しみです。

ロードエクレールがエルムステークスで・・・

2022年8月7日、札幌11Rエルムステークス(G3)ダート1700Mにロードで出資しているロードエクレール(牡4)が出走しました。

 

オープンに上がってから2、3、3着と勝てていませんが力を付けてきており、重賞挑戦を楽しみにしていました。

 

最内枠に入ってしまいましたが、逃げ馬なので思い切って行くしかなくなったので中途半端なレースにはならないと思っていました。

 

しかし、スタートしてから逃げようとしませんでした。楽しみにしていた重賞挑戦がスタート直後に終わってしまいました。

 

少し躓いた感じで、隣の馬によられて狭かったように見えますが、それでも理解できない騎乗でした。

 

枠が外だったらという言い訳になるとは思いますが・・・

 

楽しみにしていたのに・・・

 

ゴール前の油断騎乗でのペナルティーはありますが、それ以外でも怠慢騎乗でのペナルティーはないのでしょうか。