一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

気になっていたサクラローズマリーの20ですが・・・

2021年ユニオン1歳馬募集では父サトノクラウン、母グルーヴィクイーンの牡馬と、父オルフェーヴル、母ジャジャマーチャンの牡馬に出資が確定しています。

 

出資しているラプタス(セ5)の妹で父キタサンブラック、母エアラホーヤも気になりましたが、ジャジャマーチャンと迷って出資は見送りました。

 

他クラブもあるので2頭に絞りました。他クラブの出資状況、出資中の馬の活躍次第では追加で検討したいと思っています。

 

出資候補としてはエアラホーヤ、父キタサンブラック、母アンシェルブルーの牝馬、父ジャスタウェイ、母ゴールドチェイス牝馬、父ダンカーク、ピッパレジーナの牡馬です。

 

エアラホーヤは満口になっていますが、その他の馬は余裕がありそうです。1つ上の世代では出資候補で出資しなかった馬の中から重賞勝ち馬が2頭も出てしまいました。出資した馬は未勝利が1頭で、未勝利で早くも引退が決まった1頭です・・・

 

候補には入れませんでしたが、父メイショウサムソン、母サクラローズマリーも気になっていました。バランスの良い馬体で好きな感じです。候補に入れようかと思いましたが満口になっていました。

 

募集価格が800万で母の活躍からみると安いと思います。産駒が3歳未勝利を勝った2頭がいますが、中央では2頭の2勝のみとなっているのでこの価格なのだと思います。

 

自信の2頭に出資できたのでデビューが楽しみですが、チャンスがあれば他の馬も狙っていきたいと思っています。出資した馬の活躍を願っていますが、出資候補で出資しなかった馬も良いと思った馬なので活躍してほしいです。


最強競馬ブログランキングへ

モンドヌーヴォーの母ラフォルジュルネ

キャロットで出資していたモンドヌーヴォーの弟が、キャロット2021年1歳馬募集予定馬にいました。母ラフォルジュルネ、父ドレフォン。

 

モンドヌーヴォーは父ハービンジャーで、母の父がスペシャルウィークなので芝の2000M以上で活躍してくれると思い出資しました。

 

デビュー戦は芝1600Mで4着でしたが、その後は芝2000Mで5戦しました。2着が3回あり、次こそは、次こそはと思っていましたが骨折で引退となってしまいました。

 

母の産駒は3頭デビューしていますが、まだ勝てていません。ハービンジャーノヴェリストルーラーシップと芝中長距離を狙った配合が続いています。

 

スピードが足りないのかと思っていましたが、父ドレフォンにかわって楽しみです。ラフォルジュネルの産駒に勝ち上がり馬が出ていないのは不思議なので、父のタイプが変わって期待できると思っています。

 

出資していたメサルティムの弟も募集予定馬にいました。母ピンクアリエス、父シルバーステートです。去年は妹が募集されていましたが、人気で出資できませんでした。

 

メサルティムはオープンまであと1歩でしたが、4歳時に骨折してしまい1年間休養の休養が痛かったです。1度使うとガクッときてしまうところがあったので、丈夫なら高いレベルを目指せると思っています。

 

ディープインパクトキングカメハメハ産駒がいなくなって初めての募集です。人気が割れて出資しやすくなると良いのですが・・・

 

それでもキャロットですからね。厳しいのは変わりないでしょう。


最強競馬ブログランキングへ

ばんえい競馬と重賞単勝勝負

2020年から、ばんえい競馬を楽しんでいます。最近は交流重賞と中央の重賞で単勝を買って楽しむようになりました。

 

地方に出資馬が出走した時のために楽天競馬に登録しました。ばんえい競馬を試に買ってみたところ楽しかったので最近では開催してると必ず観戦するようになりました。

 

なかなか当たりませんが2021年の成績は購入35900円に対して払い戻しが32920円で回収率が91.7%と100%に近くなってきました。

 

昨日、万馬券を取ったので回復してきただけですが。

 

交流重賞を含めた地方競馬全馬の最近3ヶ月の成績は36200円購入で払戻41140円で回収率113%ととなっています。

 

ユニオンで出資しているラプタス(セ5)が、かきつばた記念を勝ったときと、昨日の万馬券が大きいですが、プラス収支を維持するよう頑張っていきたいです。

 

中央は単勝で買うようになって2R連続で的中しましたが、13Rで的中が3Rで、1着の馬を当てるのは難しいと思っています。

 

単勝1点勝負は難しいですが、当たった時は100円でも嬉しいです。金額は少なくても、とても嬉しいです。しばらくは続けていこうと思っています。

 

ばんえい競馬と交流重賞を楽しんで楽天ポイントをゲットしていきたいです。プラス収支で。


最強競馬ブログランキングへ

ロードリライアブルの2戦目は8月7日を予定

ロードで出資しているロードリライアブル(牡2)は7月18日、小倉芝2000Mでデビューして2着でした。落鉄があったようで怪我を心配していましたが、次走予定が8月7日の新潟芝2000Mと出たので、影響がなさそうで安心しています。

 

ハービンジャー産駒はロードリライアブルが4頭目の出資になります。2頭が勝ち上がり、1頭がタイム差無しの2着が2回あって、勝ち上がりは確実で、古馬になってからの活躍を期待していましたが、3歳3月に骨折で引退となってしまいました。

 

勝ち上がった2頭も屈腱炎、鼻出血などアクシデントが多く力を出し切れなかった感じで引退してしまいました。

 

ロードリライアブルが怪我などがない競走馬生活を送れることを願っています。

 

デビュー戦で2着した馬で勝ち上がれなかった出資馬は今までいなかったと記憶しています。新馬勝ちして、その後伸び悩む馬は多いですが、デビュー戦で2、3着の馬が勝ち上がれなかったことはなかったと思います。

 

少頭数で逃げて粘れなかったので次で勝ち上がれる確信はありませんが、逃げたくて逃げたわけではないと思いますし、落鉄がありましたし、力を出し切ってのものではないと思います。

 

重要な2戦目となります。内容的に前進できれば当然勝ち負けですし、芝中長距離が好きですが、最近は芝2000M以上で勝てていないので、次走も2000Mということで楽しみにしています。 


最強競馬ブログランキングへ

一口馬主と将棋で前進を続けたい

将棋ウォーズ(ネット将棋)で2級に昇級しました。日本将棋連盟公認で、実際にアマ2級と認定されます。

 

2020年1月から初めて5月末に3級になりました。達成率という数字があって100になると昇級ですが、50前後を行ったり来たりの期間が長く続きました。

 

2021年になって70まで到達して下がり、80に到達して下がり、90まで到達して下がりと最高記録が上昇していきました。

 

徐々に上がっていったものが下がるとへこみます。90までいったものが40まで下がったこともありました。

 

1年で2級に昇級できたらと思っていましたがダメでした。6月あたりから徐々にですが上り続けて90を超えて、4連休で昇級できたらと思っていました。

 

7月23日にあと1回勝てば昇級のところまできましたが24日には昇級できませんでした。そして今日25日に1回勝って99になりました。次勝てば確実に昇級のこころまできました。

 

緊張しましたが、最近は連敗が少なくなってきたので、負けても近いうちの昇級できると思って頑張りました。悪手で負けそうでしたが粘って勝つことができて2級に昇級しました。

 

100が近づいて緊張していたので、昇級できて気楽に将棋を楽しめそうです。

 

一口馬主で例えると3歳7月に世代で初めて勝ち上がり馬が出た感じです。嬉しさよりホッとした感じが大きかったです。次は1級目指して楽しんでいきたいです。

 

2021年一口馬主ではキャロットのカテドラル(牡5)とユニオンのラプタス(セ5)が重賞で活躍しています。この2頭の前進となると重賞を勝ってG1を勝つことになります。

 

その他の馬がアクシデントがあったりで前進できていません。とくに2021年3歳世代は6頭出資して勝ち上がりが2歳で勝ち上がった1頭でと苦戦しています。

 

中央未勝利期間がなくなってきましたが、少しでも前進してくれる事を願っています。力を付けていると判断されれば地方からの復帰を目指す話がでてくると思います。

 

4歳世代と合わせて11頭に出資して勝ち上がりが3頭です。あきらめてはいませんが、2歳世代に勝ち上がれなかった馬の分まで活躍を期待しています。


最強競馬ブログランキングへ

超高速馬場の時代ですが・・・

一口馬主DB(一口馬主情報サイト)で出資馬のレコードタイム(3歳上、200M単位で芝1200~2400M)を見てみました。

 

1200Mはキャロットのユールファーナで1:07.8。レコードタイムが1:06.0

 

1400Mはシルクのシルクドラグーンで1:20.6。レコードタイムが1:19.0

 

1600Mはキャロットのカテドラルで1:32.4。レコードタイムが1:19.0

 

1800Mはキャロットのメサルティムで1:46.0。レコードタイムが1:30.3

 

2000Mはシルクのシルクフェイマスで1:59.3。レコードタイムが1:56.1

 

2200Mはシルクのシルクフェイマスで2:11.4。レコードタイムが2:09.7

 

2400Mはキャロットのエトランドルで2:24.4。レコードタイムが2:20.6

 

最近はレコードが出ても超高速馬場の影響で驚かなくなってしまいました。出資馬のレコードタイムも速くなりそうですが・・・

 

1200Mが1.8差、1400Mが1.6差、2200Mが1.7差で3つが2秒以内の差。その他は2.1秒以上で1600Mが2.1差、1800Mが2.2差、2000Mが3.2差、2400Mが3.8差となっています・

 

1400M、2000M、2200Mは10年以上前のタイムで長い間更新できていません。特に2000Mと2400Mが遅いです。

 

タイムはペースや馬場状態が大きいのですが、レベルが高くなると自然と速くなると思います。天皇賞(秋)ジャパンカップに出走できれば確実に更新できると思います。

 

その前に芝2000M以上で勝てる馬に出資しなければなりません。芝中長距離が好きですが、最近は勝てていません。

 

キャロットのカテドラルとエリスライトが芝200Mの2歳新馬戦を勝っていますが、1勝クラス以上となるとエトランドルが2016年に1勝クラスを勝ったのが最後です。

 

超高速馬場といえば東京ですが、最近5世代で芝ダート問わなくても勝てていません。東京だけ勝てていません。

 

まずは東京と芝2000Mで勝つことを目指します。


最強競馬ブログランキングへ

落鉄は恐ろしい

2021年7月18日、小倉芝2000Mでロードで出資しているロードリライアブル(牡2)がデビューして0.4差の2着でした。

 

逃げて粘りきれなくての2着でしたが、落鉄していたようで、アクシデントがなければ勝ち負けまでいっていたと思うので、次走で前進を期待できそうです。

 

と以前は思っていました。

 

キャロットで出資しているヴェルナー(牡3)が4戦目の初ダートでタイム差無しの2着で、勝てなかったの残念でしたが落鉄していて、次走での勝ち上がりが確実と思っていました。

 

しかし、落鉄の影響で骨折してしまいました。

 

ロードリライアブルに怪我がないことを願っていましたがダメージはないようで、次走は8月7日の新潟芝2000Mと予定が出たのでホッとしました。次走での勝ち上がりを期待しています。

 

ヴェルナーですが、基本的には地方からの中央再転入を目指すようです。中央未勝利期間を意識していない感じだったので、そうだとは思っていましたが正式に発表がありました。

 

キャロットでは中央未勝利期間に間に合わないと引退が多いです。上のクラスでも通用するとの判断なのか、血統的なものなのかわかりませんが、ヴェルナーは晩成血統だと思いますし、力はあると思うので復帰を楽しみにしています。

 

最近は出資馬にアクシデントが多いので、怪我などが無いことを願っています。


最強競馬ブログランキングへ