一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

友人に出資馬の出走を教えると厳しいといわれる

最近一口馬主をしている友人に自分が出資している馬の出走を教えると厳しいといわれます。少々イラッとします。

 

厳しいのは知っています。都合の良い条件を探して希望をもって応援しているんです。

 

たとえば20戦できたとして5勝できれば好成績だったといえると思います。15回も負けるわけですから全部厳しいといえます。

 

20戦10勝ちなんて化け物です。G1も勝っているでしょう。すべてがうまくいったら勝てるかもと思っているだけです。

 

2019年のフローラステークス(G2)はどれが勝ってもおかしくないように思えます。どの馬も厳しいといえますし、チャンスあるともいえます。

 

さっぱりわからないので気楽に予想してみます。

 

フォークテイルを本命にします。前走2着で3か月空いています。ジックリ調整して成長していることに期待します。

 

エンジンの掛かりが遅いとのことなので東京向きかと思います。確実に伸びてきそうで期待してみます。


最強競馬ブログランキングへ

 

エアジーン。長く脚を使うタイプとのことで東京は合うのでは。上り勝負になると厳しいと思うので展開が向くとよいのですが。

 

フェアリーポルカ。安定感は1番かと思います。3戦2勝で若駒ステークスのヴェロックスに0.6差の3着で力はありそうです。

 

シャドウディーヴァ。前走フラワーカップ(G3)で0.7差の4着でしたが、東京では33秒台の脚を連発して力はありそうです。

 

ウインゼノビア。前走はG1で13着と敗れていますが間隔を空けて成長に期待します。アルテミスステークス(G3)でシェーングランツに0.5差の4着、未勝利が勝ちも東京なので期待できそうです。

 

あとはエトワール、ジョディー、セラピアあたりが気になります。

 

やっぱり自信はありません。他の馬も気になりますし。少し買って観てみます。

一口馬主で出資している馬と走った馬に注目

勝ち負け関係なく出資馬と一緒に走った馬を注目してしまいます。出資馬が勝った馬、出資馬が負けてしまった馬は特に注目してしまいます。

 

カテドラルが野路菊ステークスで勝ったヴェロックス。皐月賞で頭で買いましたが惜しくも2着でした。根性ありますね。

 

だからカテドラルが凄いということではありません。仲間が頑張っているみたいで少しうれしいです。

 

ダービーでも頭で買ってしまいそうです。

 

現在は路線が違いますが、いつかまた一緒に走ることがあるかもしれません。そのとき勝つことができればうれしいです。

 

今週のマイラーズカップ(G2)に出走するインディチャンプは前々走でメサルティムに勝った馬です。

 

メサルティムに勝ったというのは言い方は合ってないかもしれません。力が違った感じでとても強かったので。

 

重賞を勝つ馬なんだろうと思う強さでした。あっさり次走の東京新聞杯(G3)で重賞勝ちしてしまいました。

 

ダノンプレミアムがいますが、ここでもやってくれるのではないでしょうか。負担重量が56キロも魅力的です。


最強競馬ブログランキングへ

 

あとはG1馬モズアスコット、京都金杯(G3)勝のパスクアメリカーナですかね。

 

少頭数なので点数買えませんがインディチャンプ頭で勝負です。

 

メサルティムが未勝利で勝ったアドマイヤアルバにも注目せいていました。その後500万下を勝って京都新聞杯で2着してダービーに出走しました。

 

馬券を買う時にひいき目になりマイナスになる場合もあるかもしれませんが戦友を応援するのも楽しいものです。

ノルマンディーの三次募集のカタログが送られてきました

いつも四次募集まであるんでしょうか。2世代しか出資していないのでわかりませんが、一次で1番の馬に出資したつもりなので出資したいとはあまり思えません。

 

でも何回も検討の楽しみがあるのはおもしろいですね。出資馬が好成績なら考えるかもしれませんし、このタイミングで入会される方もおられるかもしれません。

 

この中から出資するならサマーロコガールの17です。父ロージズインメイでいかにもダート馬といった感じの馬体です。

 

母は地方ながら11勝ちしており、全姉のハニーロコガールも7勝をあげています。丈夫そうで長く楽しめそうな1頭です。

 

もしも中央で勝ち上がれなくても、地方で勝ちあがり中央復帰する可能性は血統的に高そうです。ゆっくりでも力をつけていければ楽しめるのではないでしょうか。


最強競馬ブログランキングへ

 

今週は出資馬の出走がありません。来週はありそうなので一休みです。

 

福島で福島牝馬ステークス(G3)があります。フルゲート割れしているのでメサルティムが出たら面白いと思うのですが休養中です。

 

過去10年の3着以内の馬を見ると中山牝馬(G3)組が好成績です。0.1差で4着のデンコウアンジュ、同じく0.1差で5着のフローレスマッジクに注目です。

 

1000万下、1600万下と連勝中のダノングレース、愛知杯3着で前走の中山牝馬で13着と負けてしまったランドネの巻き返し。

 

本命はダノングレースの勢いで。

 

最近気づきました。クラブ馬のゼッケンのプレゼントがありますが、当たる気がしないので応募したことがありませんでした。

 

ユニオンは200分の1口でキャロットは400分の1なので当たる確率が倍になります。応募しない人もいると思いますし、満口になっていなかたら結構確率高いのかと。

 

今後は応募するようにします。ラプタスのゼッケンに申込みました。当たるといいな。

週刊Gallopを定期購読しています

出資馬が特別登録したり勝利したりすると記事になるのがうれしいのでGallopを定期購読しています。

 

以前は読みたいときだけ購入していましたが、出資馬が増えましたし売っている場所が遠いので定期購読にしました。

 

先週カテドラルがアーリントンカップ(G3)で2着したので楽しみにしていましたが、あんまりふれられていませんでした。2着なので仕方がないですが。

 

次はG1なので勝って大きな記事になることを願います。NHKマイルカップ(G1)の出走権情報が載っていました。アーリントンカップで2着だったのでカテドラルの名前がありました。

 

考えてみたらG1の優先出走権は初めてでした。3歳G1も初めてなので楽しみです。

 

トライアルが神戸新聞杯(G2)のシルクフェイマスが8着、紫苑ステークス(G3)のメサルティムが9着の2回だけで少ないですが。

 

2回の大敗がありましたが、今までの過程は1番順調です。コンスタントにカテドラルのような馬に出資できたら楽しいでしょうね。

 

G1は1週間前に馬柱が載るので楽しみです。前回は印がありませんでしたが、今回はどうでしょうか。素晴らしい追い込みだったので少しは増えるでしょう。東京競馬場が合いそうな走りに見えるので。

 

印がないと記者が注目していないので記事になりません。アーリントンカップのカテドラルは前走の騎手のコメントのみでした。

 

あとは注目の新馬で記事になるのもうれしいです。デビューする週はドキドキです。記事にならなくて名前しかないとガッカリです。その他のデビュー予定馬。

 

調教が良かったり注目の血統馬が記事になるので高確率で好成績を収めます。1か月半後のダービー終われば早いもので2歳新馬戦が始まります。

 

楽しみですが3歳未勝利が4頭もいるので・・・

 

1頭でも多く勝ち上がれるよう祈ります。すべて勝ち上がり2歳の新馬戦をむかえることができれば最高です。


最強競馬ブログランキングへ

 

キャロットクラブともう1つのクラブ

キャロットクラブをメインに一口馬主を楽しんでいます。クラブの馬に未勝利引退が少なく5割以上は勝ち上がっています。

 

しばらく世代2頭に出資していましたが、最近は3頭、4頭と増やしています。全頭勝ち上がりとはいきませんが、それぞれ1頭以外は勝ち上がることができました。

 

楽しめてはいますが抽選が厳しいので他のクラブも気になります。母馬優先という制度があり母馬に出資していた場合、その仔に優先して出資することができます。

 

必ずしも募集されると決まってないようですが活躍馬の産駒は募集されやすいので、とりあえず活躍馬に出資しなければなりません。

 

2019年に引退したブランシェクールはオープンまでいきましたので期待しています。2018年に引退したピンクブーケは中央2勝ですが好きな馬なので産駒が募集されるとうれしいです。

 

母馬優先が使えると選択の幅が広がりますし、出資馬の産駒に出資できると夢も広がります。


最強競馬ブログランキングへ

 

楽しめてはいますがノルマンディーとユニオンにも入会しました。自分の馬を見る力が不足しているだけなのですが今のところ未勝利です。これから勝ちだすと思うのですが、さらに他のクラブが気になります。

 

お金があれば1番はサンデーレーシングでしょう。安い馬を無理してなら出資できるかもしれませんが無理はいけません。しかも1頭しか出資できなくなってしまうので、頭数はあるていど確保したいので厳しいです。

 

自分は一週間に1頭走ってくれると楽しいと思っています。人それぞれ楽しみが違うので1頭でも楽しめる方もおられるでしょう。

 

募集頭数が少ないと出資したい馬がいない場合もあるので40頭以上は欲しいです。

 

成績的には東京サラブレッドクラブかと思います。募集頭数が30頭くらいで少ないのが気になります。

 

あとは成績が良く頭数も80頭くらいのシルクが良いのかなと。

 

他クラブに出資しないで、だまってキャロットで楽しむのが1番なのではと思ったりもします。でも抽選で外れた時の残念な気持ちから他クラブでも出資したいと思ってしまいます。

 

奇跡的に出資馬が大活躍し続けて資金が豊富になって1/40口のクラブでも出資できるようになるとうれしいのですが・・・

 

どんなものかと社台サラブレッドクラブのカタログを取り寄せてみます。

デュアルウィールドは成長している

2019年4月13日の阪神7R4歳上500万下ダート1800Mにデュアルウィールドが出走しました。

 

結果は4着で12戦して(地方2戦2勝)4回目の4着です。3歳時の未勝利戦での4着とは内容は違います。

 

未勝利戦ではなんとか4着でしたが、中央復帰後は余裕が感じられます。全体的にしっかり走れるようになりやる気があるようにみえます。

 

ここ2戦は特にもっとやれたんじゃないかと思える内容だったと思います。前走位置取りが後ろすぎました。直線だけでなんとかなると思っているかのような騎乗でした。

 

今回は仕掛けが遅かったと思います。スタートからダッシュ良く3番手につけることができました。無理のない感じでとてもよかったと思います。

 

3コーナーから4コーナーで1着のイベリアと2着のウインネプチューンにかわされて6番手に下がってしまいました。

 

直線追い上げましたが1着のイベリアから0.7離されての4着でした。勝てる展開だったと思うのですが、動かなかったのか動けなかったのか。

 

追い出すタイミングで狭くなってみたいな坂井ジョッキーのコメントがありましたが、そこをなんとかしてもらいたいんですよね。

 

デビューして何戦かは勝てないかと思っていましたが、地方から帰ってきてからの3戦は成長を感じられます。

 

500万下は勝てると思っています。相手なりに走るタイプかもしれないので上のクラスでも戦えるのでは。

 

姉のプレミオテーラー(父ステイゴールド)は6歳まで30戦4勝と頑張っていますし、少しでも近づけるよう活躍を期待しています。ジックリいきましょう。

 

母ソーゴルにスピードタイプを付けたら面白いと思ったのですが、弟のトモジャナイトは父ヘニーヒューズですが6戦して二桁着順が5回とイマイチです。

 

ディープインパクト系なんて面白いと思うんですが、最近産駒がいないので引退してしまったのでしょうか。

 

デュアルウィールドはユニオンで初めて出資した馬です。まずは中央初勝利を期待します。


最強競馬ブログランキングへ

頑張ったヴァイザーとエリスライト

2019年3月13日の中山8R4歳上500万下、芝1600Mにエリスライトが出走しました。

 

中間のコメントが弱気に感じたので無理しないんだろうと思っていました。最後方を追走して直線だけ追う感じなのだろうと。

 

結果は9着でした。いつもより早めに仕掛けたましたが、馬群の大外を回っていったので直線に入って離されてしまいました。

 

そこから追い上げて勝ち馬のコーラルプリンセスの0.4秒まで詰めました。

 

上り3Fは34.9で全体の2番目でした。道中無理をしていないので当然かもしれませんが頑張ってくれたとおもいます。

 

広いコースの新潟か東京でみてみたいです。馬優先ですが続けて使えたらよいですね。環境が変わると馬体重が減ってしまいます。

 

今回も馬体重が増えてきませんでした。期待はしているんですが、なかなかうまくいきませんね。


最強競馬ブログランキングへ

 

同じく3月13日の阪神9R蓬莱峡特別、芝1800Mにヴァイザーが出走しました。

 

結果は6着でした。2戦2勝の阪神で好結果を期待しましたが残念な結果となってしまいました。でも最後まで頑張ってくれたと思います。

 

勝ち馬のレッドガランとの差は0.5でした。同じ位置にいたスリーマキシマムが上り3Fを34.0にまとめたのにたいしてヴァイザーが34.6でした。

 

勝ち馬と後ろにいたショウボートが33.9で上がっていますし、ヴァイザーも脚を溜める展開なら結果が違っていたかもしれません。

 

スタートが良くダッシュも良かったので前を追いかける展開になってしまいました。

 

2頭とも新馬勝ちでしたがエリスライトは骨折、ヴァイザーはスランプの時期がありました。ヴァイザーは昨年末に2勝目をあげることができました。これからも活躍を期待しています。

 

エリスライトも力を出し切れていないだけだと思いますす。精神面と馬体面の成長が必要ですが、ゆっくり待つしかないでしょう。

 

今回は着順以上に内容はあったと思いますし1歩前進できたのではないでしょうか。次に期待しましょう。