一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

ブレーヴソウル2連勝で中央復帰を期待

2021年10月28日、笠松3Rダート1400Mにユニオンで出資しているブレーヴソウル(牡3)が出走します。

 

2歳12月に阪神芝1600Mでデビューして1。1差の9着でした。使いながら良くなることを期待して年明けの2戦目を楽しみにしていましたが、体調を崩してしまい2戦目が3歳5月になってしまいました。

 

新潟ダート1800Mで4.1差の13着。3戦目が小倉芝1200Mで0.8差の8着でした。3戦しかできなかったのが痛かったですが、最後に順調に使えていれば勝ち上がれたのではと思える内容のレースを見れたと思いました。

 

引退を覚悟しましたが、地方から復帰を目指すことになり安心しました。

 

動きは良いようですが、少し馬体が立派とのことです。このくらいでも勝ってもらわないととコメントがあり、能力は高いということだと思っています。

 

同世代のユニオンでは1番と思って出資した馬が5戦掲示板無しで引退となってしまいました。追加で出資検討していてブレーヴソウルと迷っていた馬が重賞を勝ちました。

 

他にも重賞を勝った馬と、クラシックに出走した馬がいて、出資できなかったことを残念に思っています。

 

ここからブレーヴソウルが活躍して追いついてくれることを期待しています。そのためには力の違うところを見せて2連勝で復帰してもらいたいです。

 

体質が改善されたようで楽しみです。


最強競馬ブログランキングへ

10月最終週に出資馬が5頭出走

2021年10月30、31日は出資馬が5頭出走を予定しています。

 

ノルマンディー、リオンラファール(牡2)、東京で30日ダート1300Mか31日ダート1400M、2歳未勝利。

 

キャロット、グレアファンタス(牡2)、31日の東京ダート1600Mでデビュー予定。ギリギリまで様子を見てとのこと。

 

キャロット、セレステイブランコ(牡2)、31日の阪神芝1600Mでデビュー予定。

 

ロード、ロードエクレール(牡3)、30日の阪神ダート1800Mの西脇ステークス(3勝クラス)

 

キャロット、ヴァイトブリック(牡5)、30日か31日の新潟障害未勝利。

 

3頭出資しているキャロット2歳馬がデビューします。他クラブも併せて2世代新馬勝ちがないので、3年ぶりの新馬勝ちを期待しています。キャロット出資馬は2世代続けて2歳での勝ち上がりもありません。1つ勝って安心したいです。

 

 

リオンラファールとグレアファンタスが東京で出走を予定しています。最近5世代で勝てていないのが東京競馬場のみと相性が悪いです。中山は5勝。

 

通算でも東京競馬場は3勝で、最後に勝ったのが2007年のウインカーディナルです。勝てば14年ぶりとなります。

 

相性が良いのが最近5世代6勝、通算15勝の阪神です。中山は10勝で関東で勝てていないわけではありませんが東京で勝てていません。

 

2021年の出資馬は8月3勝、9月2勝で合計8勝となっています。この勢いで10月もと思っていましたが4週を終えて4戦未勝利です。

 

久々に東京競馬場で勝って、勢いを維持して残り2ヶ月を迎えられたら嬉しいです。


最強競馬ブログランキングへ

ラプタスとジュエルシティー

ユニオンで出資しているラプタス(せ5)は2021JBCスプリントを目標にしていましたが、補欠2番手で上位の馬が1頭回避するようで、あと1頭回避がないと出走できない状況です。

 

出走できない場合は12月22日の兵庫ゴールドトロフィーとありましたが、外部のサイトで11月3日JBCスプリントと11月13日に東京で行われる武蔵野ステークス、ダート1600Mと両睨みと表示されるようになりました。

 

東京ダート1600Mは合わないとみて、JBCスプリントに出走できない場合は、仕切り直して兵庫ゴールドトロフィーという考えだったと思います。

 

個人的のは厳しい条件だったとしても挑戦してほしいと思っています。小回りの1400Mが得意で、広いコースの東京ダート1600Mは全く違う条件ですが楽しみにしています。

 

楽しみにしていたJBCスプリントに出走でないと残念ですが、小回りなら1600Mも対応できると思うのでG1は来年の楽しみにしたいと思います。

 

武蔵野ステークスで勝つことできればフェブラリーステークスも楽しみになります。

 

妹のジュエルシティー(牝2)にも出資していてデビューを楽しみにしています。背中がラプタスそっくりで能力が高そうなコメントがありますが、テンションが高くて食べた分以上に消耗しているとのことです。

 

「ただ行くだけの馬にしたくないので」とあって笑いそうになりました。ラプタスを馬鹿にしているのかと。

 

ラプタスはポラリスステークスで控えて勝ちましたし、ただ行くだけの馬ではないとは思いますが。

 

ジュエルシティーは長めにじっくり調整して入厩に備えていくとのことです。もう少し時間がかかりそうですが、兄弟で活躍してくれるのを楽しみにしています。


最強競馬ブログランキングへ

ビオグラフィアが1勝クラス初戦で

2021年10月24日、新潟6R3歳上1勝クラス、芝1800Mにキャロットで出資しているビオグラフィア(牡3)が出走しました。

 

5戦目の小倉ダート1800Mで勝ち上がりました。今回がデビュー戦の新潟芝2200M以来の芝となりましたが、力をつけているので期待していました。

 

12頭立てで6頭が中央未勝利とチャンスがありそうでしたが、芝に適性がないとい思われたのか7番人気と低評価でした。

 

スタートしてから少し掛かりそうに見えましたが、その後は折り合ったように見えて直線勝負となりました。勝てるかと思いましたが、もうひと伸びがありませんでした。

 

勝ち馬が1:48.5の3F35.2で、ビオグラフィアが1:48.9の3F35.4の3着でした。

 

レース後の西村騎手のコメントでは、もう少し前でと思っていたようですが、出していくと掛かりそうだったのでとありました。

 

最近の出資馬のレースでは、そこでいかせて大敗したことが何回かあったので、うまく乗ってもらえたのかと思っています。

 

久々の芝のレースでしたが適性があるところが見れたと思います。今回は重馬場で、それがどう左右したのかコメントがなかったのでわかりませんが次は良馬場で見てみたいです。

 

1勝クラス初戦で比較的楽なメンバーだったと思いますが0.4差の3着でした。勝ち負けまでいけませんでしたが、キャリアが浅いので成長に期待しています。

 

次走で前進しての勝ち負けを楽しみにしています。


最強競馬ブログランキングへ

ビオグラフィア1勝クラス初戦

2021年10月24日、新潟6R3歳上1勝クラス、芝1800Mにキャロットで出資しているビオグラフィア(牡3)が出走します。

 

新潟芝2200Mでデビューしました。3歳5月と遅くなってしまいましたが勝ち上がりを信じていました。

 

3.1秒離されてしまいました。残念な結果となりましたが1度使って良くなると考えていました。

 

2戦目からはダートで使われ徐々に良くなっていき5戦目の小倉ダート1700Mで勝ち上がることができました。キャロットだと勝ち上がれない場合は引退の可能性が高いのでホッとしました。

 

同世代は他クラブも合わせて6頭に出資していますが勝ち上がり2頭と大苦戦です。1頭が引退で3頭が地方からの復帰を目指しています。

 

ビオグラフィアはギリギリの時期に勝ち上がりましたが、今回が6戦目とキャリアが浅いので成長に期待しています。

 

相手関係ですが12頭立てで中央未勝利馬が6頭と半分です。1勝クラスで掲示板に乗っているのが3頭で十分にチャンスがありそうです。

 

2頭の全姉は1勝クラスで勝てませんでしたが、その壁を越えてくれると信じています。

 

芝はデビュー戦以来となりますが血統的に適性があると思うので楽しみにしています。上のクラスでも通用しそうな走りで勝てたら最高です。


最強競馬ブログランキングへ

一口馬主での目標と楽しみ方

一口馬主歴20年以上ですが、2021年6歳世代から世代5頭以上出資して楽しんでいます。それまでは世代1、2頭の出資で楽しんでいました。

 

始めたころは勝ち上がれば大成功。出走するだけで楽しかったです。1口10万の馬に出資するよりは、5万くらいの馬に2頭出資するほうが楽しいと考えていました。

 

同時期にパチンコが好きだったので予算的に余裕がありませんでした。少ない予算内で多くの馬に出資して、多く出走できたらと思っていました。

 

今はクラブで1番の馬に出資したいと思っています。多くの馬に出走して、多く出走したら楽しいという考えは変わっていませんが、安い馬に出資して1つ勝って楽しめればと思っての出資はしないようにしいています。

 

目標としては、勝ち上がり、募集価格を上回る賞金の獲得、オープンとステップアップするようにして達成する喜んでいます。

 

最低限の目標が1つ勝つことです。勝たないと引退になってしまいます。次は募集価格を上回る賞金を獲得することです。上回ると利益が出るわけではありませんが達成すると嬉しいです。次はオープン馬の上がることです。

 

重賞を勝ってG1勝ちを目標にできる馬に出資できたら最高です。

 

たとえば1千万の馬に出資すると1つ勝って何回か掲示板にのると2段階まで目標を達成してしまいます。満足度は・・・

 

ここを目標に出資するのは少し違うのかと思っています。安くても2勝、3勝、オープンと目指していけそうな馬に出資したいと思っています。血統的な裏付けがあると募集価格は高くなります。

 

5000万の馬に出資して獲得賞金が5000万では満足できないかもしれませんが、5000万の賞金を獲得した課程は楽しいものだと思います。5000万だと重賞勝ちを目指せる感じの血統だと思うので残念な結果かもしれませんが。

 

安くても、馬体、動画、血統などからか、感でも良いので高い目標をもって出資したいと思っています。


最強競馬ブログランキングへ

タッチアスとエンジェリックレイ

ロード2021年1歳馬募集ではロードカナロア産駒が14頭もいます。

 

ロードに入会したときにロードカナロア産駒のロードエクレール(牡3)に出資しました。ロードのカナロア産駒は苦戦している馬が多いようでしたが、10頭いたので1番の馬に出資できればと思い出資しました。

 

今のところクラブ内世代1番の獲得賞金です。前走は2勝クラスで強い勝ち方だったと思います。ロード初出資でオープン馬となるか楽しみにしています。

 

今回も14頭の中から1番の馬に出資できたらと思っていますが、同じ種牡馬の産駒を14頭募集するのはどうなのでしょうか。できれば多くの種牡馬の産駒を募集してもらいたいです。

 

14頭から1番の馬を探す楽しみはありますが、カナロア産駒ともう1頭を別の種牡馬でと思った場合は選択肢が少なくなってしまいます。カナロア産駒のみに出資する世代があっても良いとは思いますが。

 

ロードエクレールの妹が募集されるようで気になっています。父ヴィクトワールピサで募集価格1400万の500分の1で1口2万8千円です。

 

全姉が2歳新馬勝ち。その後は500万下で掲示板が5着1回の10戦1勝で登録抹消となっています。420キロ台でデビューして馬体重が増えていません。気性的な問題でしょうか。馬体重に注目したいです。

 

ロード2世代目に出資したロードリライアブル(牡2)の弟も募集されるようです。父キタサンブラックで募集価格2800万の1口5万6千です。

 

ハービンジャーのロードリライアブルは2戦目で勝ち上がりました。野路菊ステークスサウジアラビアロイヤルカップでは力を発揮でせきませんでした。リフレッシュしての次走に期待しています。

 

キタサンブラックにかわってどうなのか。ロードリライアブルはまだ4戦ですが、母の産駒は2勝クラスを勝てていません。その壁を越えることができそうだと思えたら出資を考えたいと思っています。

 

ロードでは2世代3頭に出資しています。もう1頭はロードレゼル(牡2)でデビュー戦の内容から次で勝ち上がれると考えています。勝ち上がり率100%キープ目指してロードでの一口馬主生活を楽しんでいきたいと思っています。


最強競馬ブログランキングへ