一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

ユニオンでエアラホーヤの19に出資確定

ユニオンでエアラホーヤの19、父エピファネイア牝馬に出資確定しました。抽選になるのではと心配していましたが無抽選で確定しました。

 

抽選になったのが募集価格2200万のキズナ牝馬、募集価格1400万のエピファネイア牝馬でした。エアラホーヤは2200万で3番目人気だったようです。

 

兄ラプタスに出資しているので迷いなく出資を決めました。気になって良く見えただけかもしれませんが、馬体は良く見えましたし、父エピファネイアも合っていると思います。

 

マジェスティハーツとラプタス以外にも多く勝ち上がっていますし、募集価格2200万は思っていたより安かったです。ラプタスが父ディープブリランテの牡で1700万だったことを考えると高く感じてしまいそうですが、ラプタスが重賞を勝って産駒の勝ち上がり率が高いので妥当な価格だと思っています。

 

2020年2歳世代に多く出資してしまいましたが、ラプタスを中心に順調な活躍をみせてくれているので安心して出資することができました。

 

前の年に多く出資しすぎて最初に募集するユニオンで価格を気にして検討したときもありました。1番と思った馬に出資しなければクラブを増やした意味がなくなってしまいます。

 

まずは1頭良い馬に出資確定して安心しています。来年も価格を気にしないで出資できるように、出資中の馬が活躍してくれることを期待しています。


最強競馬ブログランキングへ

2020年プロキオンステークスでラプタスが・・・

2020年7月12日、阪神11Rプロキオンステークス(GⅢ)ダート1400Mにユニオンで出資しているラプタス(セ4)が出走しました。

 

馬体重はマイナス2キロの456キロでした。少しでも増えてきたらと思っていますが増えてきません。未勝利戦を勝った時が466キロでしたが徐々に減っています。

 

ダッシュ良く逃げる事ができましたが、マークされて厳しいと思っていました。黒船賞かきつばた記念を勝ったときは3、4コーナーで差をひらいていましたが並びかけられてしまいました。

 

並んでから粘ってほしいと応援していましたが差されてしまい6着でした。

 

勝ち馬が1:21.8で3F34.4。ラプタスが1:22:5で3Fが36.3。もう少し粘ってほしかったですが、初めてのJRA重賞で0.7差は評価できるのではないでしょうか。

 

広いコースの1400Mは長いかも。阪神は坂があって直線も長いので・・・みたいなコメントがありました。次走はダートグレード競走になるのか、JRAの1200Mになるのか。

 

2番手にいた馬にかわされてしまったので、もう少し厳しいペースで逃げても良かったのかとは思います。ついてきた馬を疲れさせるくらいのペースで逃げてほしかったです。

 

JRAの重賞勝ちを期待していたので結果は残念でしたが勝ち馬とは0.7差で、4着までだと0.1差なので力がないわけではないと思います。

 

これからのラプタスの成長に期待したいと思います。次走も楽しみにしています。

 

7月1週目に出資馬が2勝して今週もラプタスを含めて3頭出走してチャンスがあると思っていましたが、まさかの掲示板ゼロでした。うまくはいかないものですね・・・

 

今回は良い結果ではありませんでしたが、どの馬も力はあると思うので次走に期待しています。


最強競馬ブログランキングへ

出資馬ラプタスがプロキオンステークスに出走

2020年7月12日にユニオンで出資しているラプタス(セ4)がプロキオンステークスに出走します。黒船賞、かきつばつた記念と連勝して3連勝でJRA重賞勝利を期待します。

 

ダートでは7戦6勝で負けたのがバレンタインステークスの8着でスタートで躓いてしまってのものでした。この結果によって評価が分かれているのかもしれません。

 

本命もいれば無印もいます。週刊誌の本誌が本命なのに血統分析では分析されていません。血統的に魅力がないにしても人気にはなるので分析するべきだと思いますが・・・

 

ダートグレード競走では逃げて3、4コーナーで突き放して完勝だったと思います。相手は強くなりますが期待しています。

 

強敵は多いですがサクセスエナジー、レッドルゼルが人気になっています。

 

サクセスエナジーはラプタスが勝った黒船賞で3着でした。サクセスエナジーは58キロでラプタスが56キロで今回は同じ57キロとなります。

 

天王山ステークス(1200M)は59キロ、栗東ステークス(1400M)は58キロで勝って連勝しています。近走は2番手でレースをしていてラプタスをマークする形になるのでしょうか。

 

サクセスエナジーにコーラルステークスで勝っているレッドルゼルが人気になっています。レッドルゼルが55キロでサクセスエナジーが57.5キロでした。

 

ラプタスとサクセスエナジーより後ろからレースを進めて差してくる感じになると思います。

 

ラプタスが未勝利戦を勝ったときに重賞を勝てるかもと思っていました。残念ながら去勢となってしまいましたが、復帰後は未勝利戦を含めて4連勝でオープン馬となりました。

 

バレンタインステークスは負けてしまいましたが、ダートグレード競走を連勝してJRA重賞勝利を期待しています。勝てばシルクフェイマスが2006年のAJCC以来の出資馬JRA重賞勝利となります。最近ではキャロットのカテドラルがアーリントンカップ2着が惜しかったです。

 

馬券は単勝3連単で勝負したいと思います。出資馬なのでラプタスが勝つ前提なので当然の1着固定です。サクセスエナジーとレッドルゼルに加えて差してきそうな馬を何頭か買いたいです。ミッキーワイルド、スマートダンディーあたりを。

 

G1へ向けて素晴らしい走りを期待しています。


最強競馬ブログランキングへ

期待の5歳牝馬2頭でしたが・・・

2020年7月11日にユニオンのデュアルウィールド(牝5)とキャロットのメサルティム(牝5)の期待の5歳牝馬阪神で出走しました。

 

10Rインディアトロフィー(2勝クラス)ダート1800Mにデュアルウィールドが出走しました。2020年は2勝クラスで4戦して牝馬限定戦で2着3回、牡馬相手でも0.4差の4着で今回も牡馬相手ですが勝ち負けを期待していました。

 

期待はしていましたが4戦すべてが外よりの枠だったので1枠2番は心配でした。外から追い上げる力はあるので外に出せればと思っていましたが・・・

 

スタートは良く中団からレースを進めます。外に出したかったが動けなかったと幸騎手のコメントがあったようです。強引に下げてでも外に出した方がと森田調教師のコメントがありました。

 

結果的に砂を被って走るのを止めてしまったようですが仕方がないと思っています。以前より前目で競馬ができるようになって結果が良くなったと思うので、強引に下げてでも外からとは思いません。

 

勝ち馬が1:50.0で3Fが37.2でデュアルウィールドが1:51.4で3Fが38.4の14着でした。結果は残念でしたが走るのを止めてしまった割には差は大きないので次に期待したいです。

 

11Rマレーシアカップ(3勝クラス)芝1800Mにメサルティムが出走しました。骨折休養からい年ぶりの復帰レースとなりました。

 

1年前は中京で行われたマレーシアカップの2着でした。3勝クラスで4戦2着2回でオープンまであと1歩だと思っていたので残念でした。

 

馬体重がプラス18キロの456でした。余裕があるとのことだったので1度使ってだと思っていましたが期待していました。

 

3番手でレースを進めて最終コーナーで仕掛けたときに差が詰まりませんでした。直線では追っていないように見えたので無理しなかったのだと思っていました。

 

息切れしていたので追わなかったとコメントがありました。勝ち馬が1:48.9で3F37.9でメサルティムが1:51.6の3Fが40.0で9着でした。

 

1度使って変わってくれたらと思っています。続けて使いたいとコメントがありましたし、怪我などがないことを願っています。

 

2頭ともクラスを勝ちあがる力があると思うので次走に期待しています。


最強競馬ブログランキングへ

2020年7月11日10R11R

2020年7月11日は阪神10Rにユニオンのデュアルウィールド(牝5)が11Rにキャロットのメサルティム(牝5)が出走します。

 

2019年はキャロットの4歳馬の調子が悪く掲示板がメサルティムの1回だけでした。そのメサルティムも骨折で今回が1年ぶりの出走となります。

 

5歳になって全体的に調子が良くなっていますが、1年間休養していたメサルティムの獲得賞金を超えるまではいっていません。

 

5歳馬のエースが1年ぶりに復帰するので楽しみにしています。勝てたら最高ですが1年ぶりなので怪我がないことを願っています。馬場が悪そうですし。

 

10Rインディアトロフィー(2勝クラス)ダート1800Mに出走するデュアルウィールドは1枠2番となりました。2020年に2勝クラスで4戦していますが、牝馬限定戦では2着3回、牡馬相手でも0.4差の4着と掲示板を外していません。

 

以前はスピード勝負の馬場になると厳しかったですが、最近は力を付けて自在性が出てきて馬場やペースに左右されにくくなってきたと思います。

 

4戦連続掲示板がすべて外寄りの枠だったので今回は1枠がポイントだと思います。テンが遅いので位置取り、仕掛けが難しそうです。

 

11Rマレーシアカップ(3勝クラス)芝1800Mに出走するメサルティムは1年ぶりとなりますが、1年前は中京で行われたマレーシアカップでした。勝ったと思いましたが、直前で差されてしまい2着でした。オープンが見えていましたが骨折してしまい残念でした。

 

体つきに余裕があるようですがコンディションは良好とのことです。馬場は悪くても大丈夫だと思っています。

 

スローで逃げるか逃げ馬をマークして抜け出すパターンが理想だと思います。逃げそうな馬がいるのでペースがポイントだと思っています。

 

調子が上がってきた5歳馬にメサルティムが戻って状態が整ってくるのが楽しみです。引退が近くなってきたので怪我だけが心配です。調子を戻しての重賞挑戦を期待しています。


最強競馬ブログランキングへ

2020年7月は初めて10走以上の予定

2020年7月は出資馬が初めて10走以上しそうです。4日にキャロットのマスターワーク(牝3)が3歳未勝利戦、キャロットのエリスライト(牝5)が5日に南相馬特別を勝って2勝しています。月3勝以上したことがないと思うので3勝、4勝とできたら最高です。

 

1週目はキャロットのヴァイトブリック(牡4)が安達太良ステークスで4着、キャロットのヴァイザー(牡5)が兵庫特別で8着。ヴァイザーは1度使って良くなっているようで、中1週で18日の阪神芝2000Mの能勢特別予定しています。

 

ユニオンのデュアルウィールド(牝5)が11日の阪神ダート1800Mのインディアトロフィー、キャロットのメサルティム(牝5)も11日の阪神芝1800Mのマレーシアカップに出走します。骨折で休養していたので1年ぶりのレースとなります。

 

12日にはユニオンのラプタス(セ4)が阪神プロキオンステークスに出走します。黒船賞かきつばた記念ダートグレード競走を連勝してJRAの重賞勝利を期待しています。

 

ノルマンディーのブラックシャウト(牡3)が12日の3歳未勝利ダート1700Mに出走を予定していましたが除外で来週の福島同条件か函館を予定。

 

キャロットのプロスペリティ(牝4)が函館で18日1勝クラスか19日の下北半島特別の芝1200Mに出走を予定。芝1200M3戦目で勝ち負けを期待しています。

 

いまのところ最後に登場するのがキャロットのヴェルナー(牡2)です。2歳馬デビュー1番手で楽しみにしています。26日の新潟芝1800Mを予定しています。

 

勝ちを意識できる馬が多く出走します。期待が大きいので1つも勝てなっかったらショックも大きそうです。まずは無事に出走できることを願っています。


最強競馬ブログランキングへ

2020年前半戦を終えて

2020年はユニオンのラプタス(セ4)とキャロットのカテドラル(牡4)を中心に楽しい1年にばると考えていました。2019年は4勝しかできませんでした。4勝はユニオンのみでキャロットはまさかの未勝利でした。

 

ラプタスは3勝クラスの羅生門ステークスを勝って、バレンタインステークスはダートで初めて負けてしまいましたが、黒船賞かきつばた記念ダートグレード競走を連勝しました。重賞勝てるかもと思ってはいましたが、とても強い勝ち方でした。

 

プロキオンステークスでJRA重賞初勝利を期待しています。

 

カテドラルは京都金杯で17着。まさかの結果で立て直しを期待していましたが、なかなか入厩できなくて復帰が6月の米子ステークスになってしまいました。結果は10着で残念でしたが、力はあると思うので調子が上がってくるのを待ちたいと思います。

 

調子が上がってきたといえばユニオンのデュアルウィールド(牝5)、キャロットではヴァイザー(牡5)、エリスライト(牝5)がクラスを勝ちあがれるのではと思わせる走りを見せてくれました。特にデュアるウィールドは2勝クラスで3戦連続2桁着順でしたが、2020年は4戦連続掲示板で牝馬限定戦では3戦連続2着です。

 

2月にはノルマンディーで初めて出資したエンシャントロア(牝4)が1勝クラスでJRA初勝利。

6月を終えて4勝でラプタスが3勝、エンシャントロアが1勝でキャロットが0勝でした。

 

ユニオンとノルマンディーに入会して良かったと思っています。キャロットでは2018年12月末から勝てていないので、ユニオンとノルマンディーで出資していなければ・・・

 

もう少し勝ちたかったです。特に3歳馬の勝ち上がりがないのとキャロット出資馬での勝利が無かったのが残念です。後半戦に期待と思っていたところ、7月1週目にキャロットのマスターワーク(牝3)が勝って世代初の勝ち上がり、キャロット出資馬での久々の勝利となりました。

 

1つ勝つとポンポンポンと勝ったりしないかと思っていたら、翌日にエリスライトが勝ってくれました。7月は多く出走しそうなので記憶にない月3勝以上を夢見ています。そして初めての年間10勝を達成できたらと思っています。

 

後半戦は順調なスタートとなりましたが、3歳世代は5頭出資して勝ち上がりがマスターワークのみなので1頭でも多く勝ち上がることを願っています。

 

あとはカテドラルですね。力はあると思うのですが・・・


最強競馬ブログランキングへ