一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

2020年2歳世代は6頭に出資

ユニオンの締切直前にワンダーフィリーの18(牡ブレーヴソウル)、父ハーツクライに出資が決まり4クラブで6頭の出資となりました。

 

キャロットではアディクティドの18(牡ヴェルナー)、父キングカメハメハとイストワールの18(牡ビオグラフィア)、父ルーラーシップの2頭となりました。

 

少なくても3頭に出資したかったのですが抽選で外れてしまいました。頭数は少なくなってしまいましたが、初めてキングカメハメハ産駒に出資できましたし、狙っていたルーラーシップ産駒の牡馬に出資できたのも良かったです。

 

ユニオンではスズカエルマンボの18(牝ルナブランカ)、父クロフネに出資しています。クロフネ牝馬で3000万は少し高いと思いましたが、クラブ内で1番と思い出資しました。芝でと思っていますが、どうなるか楽しみです。

 

ブレーヴソウルも候補でしたが、価格が高かったので満口にならないと思い出資中の馬の活躍次第で検討しようと思っていました。

 

ロードには2019年に入会してタッチアスの18(牡ロードエクレール)、父ロードカナロアに出資しています。初めてロードカナロア産駒に出資することができました。人気はありませんがクラブのロードカナロア産駒では1番と思っています。

 

ノルマンディーではマルーンドロップの18(牝スイートフェンネル)、父マツリダゴッホに出資しています。5月21日生まれと遅いので、ゆっくり見守っていこうと思います。

 

キングカメハメハハーツクライルーラーシップロードカナロアの牡馬4頭に出資することができて満足しています。牝馬に期待していないわけではありませんが。

 

2015年産から出資頭数を増やしています。世代1、2頭だったのが、2015産が5頭、2016年産が8頭、2017年産が5頭、2018年産が6頭となっています。

 

2015年産は4頭勝ち上がれましたが、2016年産は8頭出資して5頭の勝ち上がりでした。勝ち上がり率は2015年産が80%で2016年産が63%となります。

 

獲得賞金は逆に2015年産が約1億、2016年産が約2億となっています。1年の差がありますがラプタスとカテドラルを中心に倍の賞金を獲得しています。

 

世代で4頭勝ち上がれると、ほぼ毎週出資馬が出走する感じがしています。より多く出走すると楽しいと考えていますが、質を落とさないで頭数を増やすのが難しいです。キャロットだけで頭数を確保するのは難しいので、他クラブでも活躍する馬に出資する必要があります。

 

2017産はキャロットで牝馬3頭、ユニオンで牝馬1頭、ノルマンディーで牡馬1頭に出資していますが、5月まで勝ち上がりがありません。心配です・・・

 

新馬戦は楽しみですが、まずは3歳世代に勝ち上がってもらいたいです。勝ち上がれるとは思っているのですが、あと1歩足りないレースが続いています。

 

キャロットのマスターワークが6月に函館で出走を予定しているので決めてもらいたいです。


最強競馬ブログランキングへ

優駿POG2020-2021指名候補

優駿POG2019-2020に参加しましたが結果は・・・

 

ビアンフェを指名していたのでスタートは良かったと思いますが続く馬がいませんでした。何頭か新馬戦で勝ちましたが2戦目が残念な結果となってしまいました。

 

久々にPOGに参加しましたが勝てなかったので楽しめませんでした。多くの馬に注目できると思っていた部分では良かったですが、参加するからには勝ちたいです。

 

2020-2021も参加したいと思います。一口馬主と同じく前年の成績を上回ることを目標にしたいと思います。高いハードルではないので軽く超えたいと思っていますが・・・

 

今回はデビューが早そうとか意識しないで選んでいきたいと思います。

 

オンヴェイラの18 デルマアシュラ(牡) 父ディープインパクト

 

セレスタの18 ミッキーセレスタ(牡) 父ハーツクライ

 

シルヴァースカヤの18 マンインザミラー(牡) 父ディープインパクト

 

アージュの18 ケルフィリー(牡) 父ブラックタイド

 

ストロベリーフェアの18 フィアスプライト(牝) 父ディープインパクト

 

ルルパンブルーの18 ヴァジュランダ(牡) 父ルーラーシップ

 

ダラダセールの18 サトノレイナス(牝) 父ディープインパクト

 

ワンダーフィリーの18 ブレーヴソウル(牡) 父ハーツクライ

 

コンドコマンドの18 トレデマンド(牝) 父ディープインパクト

 

コンクエストハーラネイトの18 サトノスバル(牡) 父ディープインパクト

 

ディープインパクト産駒、牡馬が多くなってしまいましたが10頭そろいました。まだ締め切りまで時間があるので、もう1度確認してから応募したいと思っています。

 

2020-2021は一口馬主かPOGでクラシックに出走できたらと思っています。一口馬主ではクラシックに出走したことがないのですし、楽しみな馬がいるので期待しています。


最強競馬ブログランキングへ

ワンダーフィリーの18に出資を申し込みました

ユニオンの募集開始時から気になっていたワンダーフィリーの18に出資を申し込みました。募集開始時に他の馬に出資確定しているのでユニオン同世代に2頭出資となりました。

 

価格が3800万なので200分の1で1口19万と自分にとっては高額だったので、成長過程とっ出資中の馬の活躍次第で出資を検討しようと思っていました。

 

他クラブのハーツクライ産駒の牡馬と比べると少し高額に思えたのと、キャロットが400分の1なので1口が倍の価格になるので、なかなか決断できませんでした。

 

出資中の馬の活躍次第でという部分では、ユニオンのラプタスがダートグレード競走連勝と低迷していて復調した馬が多かったので追加で出資したい気持ちになっていました。

 

しかし、2020年3歳世代に5頭出資していて勝ち上がっていないのが不満でした。次の世代の募集も始まってくるので我慢しようかと思っていました。

 

締切が5月31日で残口が少ないのを見て出資したくなってきました。

 

価格は気になりますが、POG本で牧場での評価を見ると出資したくなってきました。

 

ユニオンのラプタス、デュアルウィールドが頑張ってくれているので思いっ切って出資する事にしました。これ以上は資金的に無理をすることになるので同世代は6頭出資で確定です。

 

三嶋牧場から宇治田原優駿ステーブルに移動して馬体重が450キロから430キロに減ってしまったようです。良く食べているようなので心配ないとのことですが、移動するたびに馬体重を大きく減らしてしまう馬もいるので心配です。

 

初めてのことだったので慣れたら大丈夫だとは思いますが。募集時のカタログでは480~500キロと予想されていました。距離は2000~2500と予想されていました。

 

まずはゲート試験に合格して無事にデビューできることを願っています。楽しみが増えたので出資して良かったと思っています。


最強競馬ブログランキングへ

ブラックシャウトが2戦目で・・・

2020年5月24日、東京2R3歳未勝利ダート1600Mにノルマンディーで出資しているブラックシャウト(牡3)が出走しました。

 

2歳12月に中山芝2000Mでデビューして8着でした。使いつつ良くなるような感じのコメントがありましたが、トラブルがあり2戦目が5月となってしまいました。状態は良くなっているように感じていたので条件変更で前進を期待していました。

 

馬体重はマイナス14キロの466キロで少し驚きましたが、しっかり乗り込むことができた結果のようです。成長分があると思うので減りすぎだとも思いますが、デビューした時が重すぎたとも考えられます。

 

重すぎたのなら順調に使えなかったのは痛かったです。

 

スタートは良かったですが流れに乗れなくて後方になってしまいました。芝スタートが合わないとみているようでダート向きとのことでした。

 

トーセンホマレボシディープインパクトの血が入って、父スペシャルウィークの兄ブラックジェイドが芝で勝っていたので芝でと思っていましたが勉強不足でした。

 

通過順は15、14で結果は11着でした。勝ち馬が1:38.6の3F36.6、ブラックシャウトが1:41.0の3Fは37.4でした。

 

使いつつ良くなるとのことでしたが時間がありません。次走でかわってこないと厳しくなってしまします。使いつつ良くなるタイプなのに3歳5月で2戦目の時点でかなり厳しいのですが。

 

次は距離を延ばしてとのことですが、東京のダート2100Mになるのでしょうか。6月7、14、20、28日と週1回あります。少ないと思っていましたが意外と組まれていました。

 

今回の出走で疲れが少ないと早めに使えると思いますが、東京が終わってしまうと長めの距離が少ないので心配です。

 

まずは順調に使っていけることを願っています。


最強競馬ブログランキングへ

ユールファーナがレーン騎手で・・・

2020年5月23日、東京4R3歳未勝利、芝1400Mにキャロットで出資しているユールファーナ(牝3)が出走しました。初めてのレーン騎手で期待していました。

 

心配していた雨は降りませんでしたし、増えて欲しかった馬体重は414キロで増減なしでした。減り続けていたので悪くはないと思っていました。

 

スタートで出遅れてしまい後方からとなってしましました。3、4コーナーの位置取りから勝つのは厳しくなりました。後方にいた馬では良く伸びて4着でした。

 

勝ち馬が前走同じレースで同タイムだった馬で勝ちタイムが1:21.4で3Fが34.1で、ユールファーナが1:22.0で3Fが33.9で0.6差でした。

 

伸びきれませんでしたと和田調教師のコメントがありました。直線での走り方が悪かったようなコメントがレーン騎手からあったようです。

 

出遅れたので後方からになってしまったのが敗因だとは思います。33.9の脚を使っていたので、勝つためには33.3が必要になりますが、その力があるなら勝ち上がれているのではないでしょうか。

 

出遅れてしまったのであきらめたような騎乗にみえました。前走が8枠18番で通過順が8、4で3着でしたが、今回は12、12で4着でした。

 

もう少し早めに動けなかったのかと思っています。出遅れが大きかったとは思いますが、勝ちにいったようには思えませんでした。

 

直線での走法に問題があるとのことでしたが、以前からだったのでしょうか。今回だけだったのか。今回だけなら疲れがあったという事なのでしょうか。

 

疲れだとしたら1か月以内で出走したのが良かったのか疑問に思うところです。1か月以内に出走できたので体力がついてきたのかと思っていましたが・・・

 

前走の8枠18番からの3着の内容から芝1400Mに適性があると思っていましたが、思い切って距離を延ばす選択肢はないのでしょうか。

 

試す余裕がなくなってきましたが・・・

 

出遅れなかったらきわどかった可能性はありますし、勝ち上がりの希望がなくなったとは思っていません。次走に期待したいと思います。

 

個人的にはまた東京で勝てませんでした。キャロット出資馬の未勝利が1年5か月続いています。長いトンネルです。出口はあるのか・・・


最強競馬ブログランキングへ

ブラックシャウト重要な2戦目

2020年5月24日、東京12R3歳未勝利ダート1600Mにノルマンディーで出資しているブラックシャウト(牡3)が出走します。

 

2019年12月に中山芝2000Mでデビューしました。勝ち馬から2.0差の8着で、徐々に良くなってくれたらと思っていましたが、脚もとに不安があったりで長い調整期間となってしましました。芝からダート、2000から1600と条件を変更して結果がでることを期待しています。

 

体力的な問題もありましたが、最近では改善されたようで、しっかりとした調教ができていると思います。デビュー戦はとりあえず使ってみた感じでしたが、今回は木村哲也調教師のコメントからも期待できそうな感じがします。 

 

3勝している兄ブラックジェイドがダートで勝ち上がっていますし、母の父フォーティナイナーからも適性があると思っています。父トーセンホマレボシディープインパクトの血が入ってキレを期待していたところもありますが。

 

兄は2歳時に勝ち上がっていますが、4歳時に2勝しています。ブラックシャウトにも兄のような成長力を期待しています。

 

勝てれば最高ですが勝ち上がれそうだと思える内容を期待しています。2戦目ですが3歳5月なので大きく前進できないようだと厳しくなってしまします。重要な1戦です。

 

オークスは楽しみです。本命はクラヴァシュドールにします。東京芝2400Mに適性があるとみて、重馬場の桜花賞でも4着だったので距離が延びてと思っています。

 

2、3番手で悩んでいます。デアリングタクトはエルフィンステークス桜花賞で強い内容でしたが距離が長いのかとも思います。デゼルはキャリア2戦ですが、スイートピーステークスでの32.5の脚が魅力です。

 

この3頭が上位とみて中心に買いたいと思っています。あとはリリーピュアハート、リアアメリア、マルターズディオサ、ウーマンズハートを買います。

 

ブラックシャウトが勝って気持ちよく観戦できたらと嬉しいです。


最強競馬ブログランキングへ

初めてのレーン騎手

2020年5月23日、東京4R3歳未勝利、芝1400Mにキャロットで出資しているユールファーナ(牝)が出走します。鞍上はレーン騎手となりました。初めてなので楽しみです。

 

初めてといえば前走から1か月以内に出走するのも初めてとなります。成長して体力がついてきているのらなら嬉しいです。減り続ける馬体重が増えていて欲しいです。

 

芝1200Mでデビューして0.5差の7着、2戦目も芝1200Mで0.4差の5着。3戦目は東京芝1400Mでと思っていましたが、まさかのダート1400M。4着で着順は良くなりましたが勝ち上がれる感じはしませんでした。

 

そして4戦目の前走が合っていると思っていた東京芝1400Mで期待していましたが、まさかの8枠18番。外々を回る形になってしまいましたが0.3差の3着でした。残念でしたが、動いていって直線でも頑張ってくれたので内容的には満足できました。

 

芝1200Mでは後半で差をつめていましたが、前半で脚をつかっていない分と思える感じでした。前走は動いていっても直線で頑張れていたのが収穫だったと思います。

 

あるサイトでユールファーナと僅差で1、2番人気を争っている馬が前走ユールファーナより先着した2着だった馬です。5枠10番だったので枠を考えると勝てるのかと思えます。

 

その馬が1枠1番でユールファーナが5枠9番となりました。内枠の先行馬が有利とのことですが、最内枠に入ってどのような走りをするのでしょうか。前走は4コーナーでユールファーナより後ろにいましたが、位置関係が気になります。

 

天気も気になります。降水確率が40~50%あたりで微妙なところです。力のいる馬場は合わないと思うのでレースが終わるまで雨が降らないでほしいです。

 

あと個人的な相性ですが最近東京で勝てていません。最近5世代で10走以上しているのが、東京、中山、京都、阪神、新潟、小倉が、勝てていないのは東京のみです。

 

関東馬の勝ち上がりが少ないこともありますが、中山では3勝しています。あとキャロットの出資馬が2018年12月に勝って以来勝てていません。あと現3歳世代に5頭出資していますが1頭も勝ち上がれていません。

 

ユールファーナが勝ってくれると、久々のキャロットでの勝利、現3歳世代初の勝ち上がりとなります。自分にとって、とても大きな1勝となります。

 

レーン騎手なら勝ってくれるでしょう。信じています。


最強競馬ブログランキングへ