一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

カテドラルの次走が安田記念と発表されました

キャロットで出資しているカテドラル(牡6)が安田記念を目標に帰厩しました。

 

東京新聞杯とダービー郷チャレンジトロフィーで結果が出なかったので、条件変更で鳴尾記念などに出走してほしかったです。

 

出るからには全力で応援します。

 

ヴィクトリアマイルはファインルージュの単勝で勝負しましたが2着。直線で躓いて諦めましたが、そこから伸びてきて強い馬だと思いました。

 

レースのペースですが前半3Fが34.7で、後半4Fが45.9、3Fが34.2。勝ちタイム1:32.2で思ったより遅かったです。

 

1分32秒で遅いと感じる馬場はカテドラルに合わないと思うので安田記念以外の選択をしてほしと思っていました。

 

カテドラルは2021年の安田記念に出走して12着でした。このときは前半3F34.9で、後半4F45.3の3F33.9で勝ちタイムが1:31.7でした。

 

勝ち馬の上がり3Fが33.1でカテドラルが33.9の1:32.8でした。

 

8枠14番の大外枠が影響したとは思います。しかも前半3Fが34.9ですから、その時点で届かないと思います。

 

前半が速くなって上がりがかかる競馬になればと思うのですが、前半速く成った分は勝ちタイムが速くなるだけの気がしてしまいます。

 

ペースは自分で作れないので内枠に入ってくれることを願っています。

 

5月29日にロードのロードレゼル(牡3)が日本ダービー。6月1日にユニオンのラプタスが、さきたま杯。6月5日の安田記念にカテドラルが出走を予定しています。

 

2週連続G1は初めてで、出資馬がクラシックに出走するのも初めてです。間にラプタスが入って8日間で重賞3Rです。ラプタスは賞金的に微妙かもしれませんが・・・

 

「1つは勝ちたいですね」と言ってみる

スイートフェンネルが前進しました

2022年5月14日、新潟7R4歳以上1勝クラス、芝1200Mにノルマンディーで出資しているスイートフェンネル(牝4)が出走しました。

 

デビュー戦で骨折してしまって盛岡で中央復帰の権利を獲得。前走の復帰戦は中山芝1600Mで2.8差の16着でした。

 

復帰2戦目で前進して中央初勝利を目指しいければと思っていました。

 

前走は積極的に前にいって早めに失速してしまいましたが、今回は前半は無理しないで溜める競馬となりました。

 

少し後ろ過ぎる気はしましたが直線での伸びに期待しました。

 

結果は勝ち馬が1:10.1の3F34.9で、スイートフェンネルは1:10.9の3F36.0で10着でした。直線で少し狭くなった感じはありましたが大きな不利ではなかったように思います。

 

1着と3着の馬が34秒台で上がっていますが、それ以外の馬がスイートフェンエルと同じくらいで差が詰まりませんでした。

 

原優介騎手は前走を見て積極的に行くと終いが甘くイメージで乗っていたようです。その結果、大事に行き過ぎてしまったと。

 

8枠15番だったのも影響したと思います。積極的に前に行ったら大きく外を回っていた可能性もありそうに見えました。

 

もう少し良い枠だったら結果が違っていたと思える走りで、次につながる内容だったと思います。

 

次走で前進できれば掲示板も見えそうです。そして1勝クラス卒業を期待しています。

スイートフェンネル復帰2戦目で前進を期待

2022年5月14日、新潟7R4歳以上1勝クラス、芝1200Mにノルマンディーで出資しているスイートフェンネル(牝4)が出走します。

 

前走が盛岡からの中央復帰戦で、中山芝1600Mで2.8差の16着でした。長いかと思っていましたし、復帰戦ですし無理なく先行できたことは良かったです。

 

距離短縮で2戦目。ここである程度の結果が必要だと思っています。掲示板か、それに近い内容を期待しています。

 

同世代は6頭に出資して勝ち上がりが2頭。1頭が未勝利で中央抹消となり、スイートフェンネル、ユニオンのブレーヴソウル、キャロットのヴェルナーが地方からとなりました。

 

最低ラインと考えている勝ち上がり率50%を3頭が中央に復帰して1勝クラスで勝つことで達成してくれることを期待していました。

 

血統的にも1番期待していたヴェルナーが怪我で引退となり、復帰できたのはスイートフェンネルとブレーヴソウルの2頭のみになってしまいました。

 

ブレーヴソウルは復帰戦で11着でしたが0.5差とまずまずの結果でした。条件を変更して前進を期待していましたが疲れが出て休養中です。

 

スイートフェンネルは新潟芝1200Mで前進確実と考えてています。前走が16着なので前進できないと困りますが、内容的に大きく前進が求められます。

 

勝ち負けできれば最高です。

底上げができれば・・・

現在4頭のオープン馬に出資しています。

 

キャロットのカテドラル(牡6)が2019年。ユニオンのラプタス(セ6)が2020年。ロードのロードレゼル(牡3)とロードエクレール(牡4)が2022年にオープン馬となりました。

 

同時期に4頭のオープン馬に出資しているのは初めてで嬉しいのですが、2勝クラス以上の馬はキャロットのヴァイトブリック(牡6)1頭しかいません。

 

ヴァイトブリックは平地3勝で現在は障害で走っているので、オープン以外は未勝利か1勝クラスの出走となっていて寂しい状況です。

未勝利ではノルマンディーのカイザーレオン(牡3)が2戦目で勝ち上がりが見えたと思ったのですが、3戦目5着、4戦目6着と苦戦しています。力負けではなくて2戦目の走りができていなくて、立て直してどうかといった感じです。

 

ユニオンのジュエルシティー(牝3)はラプタスの半妹で父がエピファネイア。ラプタスはダート1400Mで9勝していますが、父がエピファネイアとなり芝での活躍を期待していましたが、気性的な問題と目の怪我があり苦戦しています。

 

2戦しかできていないのが痛いです。馬体が増えて帰厩すると大幅に減ってしまいレースで力を発揮できない感じです。3戦目は函館になりそうで前進を期待しています。

 

ノルマンディーのリオンラファール(牡3)は1月に勝ち上がり、1勝クラスでも2着4着で1勝クラス卒業が見えたように思えます。現在は休養中ですが復帰戦を楽しみにしています。

 

ロードのいロードリライアブル(牡3)は2戦目の新潟芝2000Mで勝ち上がりました。強い勝ち方だったのでクラシックを目指せるのではと思っていましたが気性的な問題で苦戦しています。力はあると思うので立て直してからの復帰戦を楽しみにしています。

 

キャロットのビオグラフィア(牡4)は1勝クラスで3着が2回あります。勝ち負けまではもう1歩足りない感じがあります。力はあると思うのですが・・・

 

一気にオープンまで勝ち上がるのも楽しいのですが、ゆっくり1つずつクラスが上がっていくのも楽しいものです。

 

そんな馬が1頭でも多く現れてくれることを願っています。

カテドラルとラプタスのワンツーが崩れる

2019年はキャロットのカテドラルが出資馬の獲得1位で2位がユニオンのラプタスでした。

 

2020年はラプタスが1位でカテドラルが2位。2021年はカテドラルが1位でラプタスが2位でした。

 

カテドラルとラプタスが6歳になった2022年は、2頭が重賞で活躍して、他の馬が2頭に迫ってくることを期待していました。

 

5月2週を終えて獲得賞金1位がロードのロードレゼルで、2位が同じくロードのロードエクレールで、3位がノルマンディーのリオンラファールとなっています。

 

ラプタスは500万で5位で、カテドラルは賞金を獲得していません。

 

ロードレゼルが青葉賞2着で次走は日本ダービーを予定しています。ロードエクレールは3勝クラスを勝って、初オープンで2着。次走は6月を予定しています。

 

メインで出資しているキャロットは12戦で掲示板が1回と大苦戦。

 

ユニオンではラプタスの妹のジュエルシティーに出資して期待していましたが、今のところ力を出し切れなくて勝ち上がれていません。

 

ラプタスとカテドラルが重賞で活躍して、他の馬がどれだけ迫ってこれるかを楽しみにしていました。

 

ロードレゼルとロードエクレールが先行する形になり予想していた展開とは逆になりましたが、2頭がオープン馬になれたことを嬉しく思っています。

 

ラプタスとカテドラルが追い抜いていくのか。ロードレゼルとロードエクレールが突き放すのか。4頭が競り合う形になれば楽しくなります。

 

ロードレゼルがダービーで突き放す可能性も。まずは出資馬初のクラシック出走を楽しみにしています。

カテドラルは衰えたのか

2022年NHKマイルカップはインダストリアの単勝を勝って応援していましたが5着でした。

 

前半3F34.1で後半3F34.9の勝ちタイムが1:32.4でした。

 

キャロットで出資しているカテドラル(牡6)は同レースで3着でしたが、そのときは前半3F33.9で後半3F34.9で勝ちタイムが1:32.4。カテドラルは0.1差で上がり3F33.7でした。

 

東京は得意だと思っていましたが好走したのは2021年の東京新聞杯でタイム差なしの2着のみです。前半3F34.9の後半3F34.3で勝ちタイムが1:32.4で、カテドラルの上がり3Fは33.5でした。

 

安田記念は2021年に出走しましたが1.1離されてしまいました。G1だとペースが速くなることを想像していましたが前半34.9と遅かったです。

 

レースの上がり3Fが33.9で、カテドラルが34.3だったので勝負になりませんでした。東京は得意だと思っていましたが、後半勝負になりやすく苦手なのではと思うようになりました。

 

2021年の京成杯オータムハンデを勝って、マイルチャンピオンシップは9着ながら0.6差でした。

 

前年に2着した東京新聞杯で1.3差の8着。京成杯オータムハンデと同じ舞台のダービー郷チャレンジトロフィーでは0.6差の9着・・・

 

結果は良くないですが衰えたとは思っていません。東京新聞杯では58キロ、ダービー郷は57キロでしたが位置取りが悪かったと思っています。

 

前半で気持ちよく走らせようと意識しすぎて、位置取りが後ろすぎて気持ちが入っていないのではと思っています。

 

もう少し前で競馬をしてほしいです。力んでしまい後半伸びないリスクはあるかもしれませんが、次走で同じように負けるのをみたくありません。

 

重賞2勝目を期待しています。

2022NHKマイルカップで的中を目指す

2022年の馬券成績ですが、ここまで的中が4レース。一口馬主で出資している馬な必ず買います。馬券は単勝のみで出資馬は3勝しています。

 

出資馬以外の的中は1となります。19レースで的中が1、的中率5.2%です。100レースで5Rしか当たらないことになります。

 

その1回の的中は2.0倍の1番人気。

 

最近は当てたい気持ちが強いせいか空回りしている感じがあります。

 

早くから買うと決めていた馬がいます。他に気になった馬が現れます。予想を変えないで初めに決めた馬を買うと気になった馬がきます。予想を変えると初めに決めた馬がきます。あるあるなんでしょうが・・・

 

NHKマイルカップですが決めた馬はいません。まったく考えていまくて、これから予想します。

 

過去10年で1枠が勝っていなくて2着と3着が各1回。何が入ったのだろうと見たところ横山親子でした。怪しすぎます。

 

気になったのはジャングロ、インダストリア、1枠のマテンロウリオンです。

 

自信がなくて3頭に絞った時点で外れている気がしますが、東京が合いそうで距離短縮で良さそうなインダストリアに決めました。

 

お願いします