一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

甘くなかった一口馬主

一口馬主を始めたころは勝てなくて1勝するのも大変なんだと感じていました。馬体を勉強した効果か勝てるようになってきて頭数を増やしても大丈夫だと思いました。

 

馬体に関する本は少ないですが、最近では「馬体は語る」という本がオススメです。

 

それまで世代1、2頭でしたが2015年産(2021年6歳)が5頭、2016年産8頭、2017産5頭、2018年産6頭に出資しています。

 

2015年産は5頭中4頭が勝ち上がり、最高が3勝クラスです。2016年産は8頭5頭の勝ち上がりで勝ち上がり率は下がってしまいましたが、ユニオンのラプタス(牡5)とキャロットのカテドラル(牡5)がオープンで活躍してります。

 

ここまでは順調でしたが2017年産は5頭中2頭の勝ち上がりで、1勝クラスを勝った馬が4歳春で怪我のため引退となってしまいました。2018年産は3歳5月2週を終えて6頭中1頭の勝ち上がりと苦戦しています。

 

2世代で11頭中3頭の勝ち上がりで勝ち上がり率27%となっています。最低でも50%と考えていたので厳しい数字です。

 

とくに2018産はアクシデントが多く、勝ち上がれていない5頭の出走回数の合計が9戦と順調に出走できていません。見れていると思っていた馬体を見れていないのか、運が悪いのか。

 

出走回数が少ないので、成長して体力がついてくれば勝ちだすとも考えられます。とは言っても5月ですから時間が少なくなってきました。勝ち上がれていない3頭の状態が上がってきて出走が近くなってきました。

 

チャンスは3回くらいでしょうか。ここでアクシデントがあると崖っぷちです。まずは無事に出走できることを願っています。


最強競馬ブログランキングへ

出資馬獲得賞金で最近3年間はラプタスとカテドラルがトップ2

出資馬獲得賞金ランキングは2019年から2021年の3年間でユニオンのラプタスとキャロットのカテドラルが1、2位となっています。

 

2019年はカテドラルがアーリントンカップ2着、NHKマイルカップ3着などで1位でしたが、2020年と2021年はラプタスが1位となっています。

 

2020年のカテドラルは賞金を獲得したのが朱鷺ステークス1着のみでしたが、これを上回る馬はいませんでした。2頭が長く活躍してくれて嬉しいのですが、2頭に割って入る馬、入りそうな馬が現れないのが寂しいです。

 

候補としてはキャロットのヴェルナー、マスターワーク、ヴァイトブリックと思っていましたが、ヴェルナーは勝ち上がりが見えたところで骨折休養で、マスターワークは怪我で引退、ヴァイトブリックは3勝クラスで厳しいと判断され障害転向となりました。

 

今年はラプタスがポラリスステークス、かきつばた記念を勝ち現在1位。カテドラルは東京新聞杯ダービー卿チャレンジトロフィーで2着で2位。3歳1勝クラスを勝って、兵庫チャンピオンシップで4着だったロードのロードエクレールが3位となっています。

 

ロードエクレールは逃げないと戦えないようなので、成長して自在性が出てくれば2頭のように高いレベルで活躍できると期待しています。

 

2021年上位3頭の次に名前を上げるとすると悩みます。6頭出資して勝ち上がりが1頭の3歳馬から出てくると嬉しいです。ユニオンのブレーヴソウル、ルナブランカ。キャロットのビオグラフィアの出走が近そうなので楽しみにしています。


最強競馬ブログランキングへ


最強競馬ブログランキングへ

ラプタスが歴代ユニオンで13位になりました

一口馬主DB(一口馬主情報サイト)のデータが更新され、ユニオンで出資しているラプタス(セ5)の獲得賞金が1億3156万で歴代ユニオンで13位となりました。

 

かきつばた記念を勝って獲得賞金2200万が加算されました。自分で計算すればすぐわかるのですが、画面でみると嬉しい気持ちになるので更新を楽しみにしていました。

 

ユニオンの歴代1位は3億7626万で遠いですが、上位は引退馬のみなので近づき追い越すことを楽しみにしています。まずは10位の兄マジェスティハーツの1億5418万を早めに追い越してもらいたいです。

 

2016年産全クラブでみても14位と上位になっています。キャロットで出資しているカテドラル(牡5)が16位にいるので2頭が順位を上げていくのを楽しみにしています。

 

ユニオン2021年1歳馬募集のラインナップにラプタスの妹がいました。父キタサンブラック牝馬で注目しています。

 

妹のジュエルシティー(牝2)父エピファネイアにも出資しているので出資したい気持ちがありますが、キタサンブラックが合っているか気になっています。

 

晩成型でパワーとスタミナの印象でスピードが心配です。ラプタスの母エアラホーヤの産駒はスピード型が多いので、うまくハマれば面白いとも思います。

 

ブラックタイドの兄がダート1800Mの新馬、1勝クラスを連勝しています。その後は2勝クラスの芝1400Mで2、3、3、着と好走しています。兄の活躍と、もうすぐデビューするキタサンブラック産駒に注目しています。

 

3兄弟出資は夢がありますが、ラプタスに出資しているので見る目が甘くなりそうなので注意して検討したいと思います。


最強競馬ブログランキングへ

出資馬の出走がないのでNHKマイルカップに集中

3日にユニオンのラプタス(セ5)が、かきつばた記念を勝って、4日にロードのロードエクレール(牡3)が兵庫チャンピオンシップで4着でした。

 

ラプタスは大きく出遅れないかぎり勝てると思っていました。勝てるとは思っていましたが、JBCスプリントに向けて絶対に勝たなくてはならなかったので、とても嬉しかったです。

 

連続で重賞勝利のチャンスがあると思っていたロードエクレールですがJRA勢の最下位でした。力を発揮できたとは思っていないのでリフレッシュしての次走に期待しています。

 

このあとの出資馬の予定は近くて22日で間隔が空きそうです。6頭出資して1頭しか勝ち上がれていない3歳馬の出走がありそうで、なんとか良い結果を期待しています。

 

これまでアクシデントが多く出走回数が少ないので無事に出走できることを願っています。

 

優駿POGの指名馬を考えながらG1を楽しみたいと思っています。今週は2年前にキャロットのカテドラル(牡5)が3着したNHKマイルカップです。

 

人気がなさそうで気になるのがロードマックスとショックアクションです。なんとなくですが東京が合うと思うので買いたいと思います。

 

あと気になるのはルークズネスト、バスラットレオン、タイムトュヘヴン、グレナディアガーズ、ホウオウアマゾンです。1頭軸を決めて3連複を買いたいと思います。

 

自信はありませんがロードマックスを軸にします。追い込みに期待します。


最強競馬ブログランキングへ

ユニオン2021年度1歳馬募集のラインナップが発表されました。

ユニオン2021年度1歳馬募集のラインナップが発表されました。

 

今年もラプタス(セ5)の妹がいます。1つ上のジュエルシティー(牝2、父エピファネイア)に出資しているので、出資すれば初の3兄弟出資となります。父キタサンブラックがどう出ているのかカタログが楽しみです。

 

種牡馬になったときから楽しみにしていたリアルスティール産駒が牡馬と牝馬で2頭います。ディープインパクトの後継種牡馬といえばラプタスの父ディープブリランテですが、ランキングでは20位前後となっています。超えることができるか注目しています。

 

ついにオルフェーブル産駒の牡馬が登場しました。牝馬が走らないと思っているわけではありませんが牡馬に出資したいと思っています。当歳から募集している先行募集馬ではいましたが、オルフェーブルの牡馬に限らず先行募集馬は後回しにしてしまいます。

 

すぐ満口にならないので成長をみたいと思ったり、出資している馬が活躍したら考えようとか、他クラブの出資状況次第でと思っていますが、けっきょく先行募集馬に出資したことがありません。活躍馬が出ているので注目はしていますが・・・

 

去年もでしたがワクワクするライナップです。2021年4、5歳世代の勝ち上がり率が低く苦戦していますが、最近のラインナップから上がってくると期待しています。

 

今からカタログが楽しみです。


最強競馬ブログランキングへ

ラプタスがフレグモーネで休養

ユニオンで出資しているラプタス(せ5)がフレグモーネを発症してしまいました。トレセンで治療して落ち着いたら放牧のようです。

 

疲れが出て抵抗力が落ちてしまい、毛穴から最近が入ってしまったようです。疲れが出なければ「さきたま杯」と思っていたので少し残念です。

 

考えてみたら3歳時に去勢手術をした時以外は大きなトラブルがなく長く休むことはありませんでした。ゆっくり休んで万全の状態で復帰するのを楽しみに待ちたいと思います。

 

2021JBCスプリントが金沢の1400Mで得意な条件で楽しみにしていましたが賞金的には出走は厳しいようです。まだ無理と決まったわけではありませんし、1ハロン伸びても対応できると幸騎手がコメントしているので、ラプタスがG1で活躍してくれる日が来るのを楽しみにしています。

 

それにしてもJRAの馬が交流重賞に出走するのは大変ですね。ラプタスが4歳時に黒船賞かきつばた記念を連勝した時には、あたりまえのように出走できると思っていました。

 

とくに今年の黒船賞は連覇がかかっていたので出走できないとは思っていませんでした。ポラリスステークスを勝って、かきつばた記念は出走できると思っていましたが、回避馬が出てギリギリ出走できたようです。

 

出走できた時に確実に賞金を加算していかないと厳しくなってしまう事を知りました。なのでポラリスステークスを勝てたのが大きかったです。オープンになって初めてJRAのレースで勝てましたし、逃げなくても勝てたのが大きかったです。

 

2021JBC出走に向けては痛い休養ですが、まだまだ強くなってくれると思っているので、しっかり治して復帰してほしいでしす。

 

症状が悪化しないことを願っています。


最強競馬ブログランキングへ

ロードエクレールが兵庫チャンピオンシップで・・・

2021年5月4日、園田11R兵庫チャンピオンシップにロードで出資しているロードエクレール(牡3)が出走しました。

 

前走の1勝クラスを勝ち、相手は強くなっても小回りの地方は合っていると思っていたので重賞挑戦を楽しみにしていました。

 

現状では逃げないと戦えないようなのでスタートを決めてくれることを願っていました。スタートを決めて逃げることに成功しました。

 

逃げることはできましたが地方の馬は離れていましたが、JRAの4頭は差がなく溜めてい逃げている感じになってしまいました。2週目3コーナーで早くも交わされてしまう厳しい展開。

 

そこから粘りましたが力尽きてJRA最下位の4着となってしまいました。勝ち馬が2:02.5(良)の3F39.8でロードエクレールが2:03.3の3F40.7でした。

 

最近の同レースでの勝ちタイム(良)と比較すると遅かったので、もう少し早いペースで逃げてもらいたかったです。未勝利と1勝クラスでは後続に脚を使わせての逃げきりでした。芝2000Mですが百日草特別でも溜めて逃げて見せ場がありませんでした。

 

微妙なところだとは思いますが、もう少し離して逃げてほしかったです。

 

前日にユニオンで出資しているラプタス(セ5)が、かきつばた記念を勝って2日連続重賞勝ちを期待していたので残念な結果でした。リフレッシュして次走に期待しています。


最強競馬ブログランキングへ