一口馬主で競馬を楽しむ

一口馬主を楽しめると競馬がもっと楽しくなります

2019年度キャロットのカタログが届きました

楽しみにしていた2019年度キャロットのカタログが届きました。8月23日の予定でしたが前日に届き驚きましたが、仕事で疲れていたので本日23日に開封しました。

 

最初に絶対出資しない馬を探してみたいと思います。馬体のバランスで決めます。いつもは悪くないと思った馬を探していますが逆にしてみました。

 

パッと見で決めているので、後で変わるかもしれませんが、繰り返し見て同じ馬が悪いと思ったら検討から除外します。

 

毎年50%以上の勝ち上がり率なので、1勝できない馬が40~50%はいます。なんとしても避けたいところです。

 

血統や厩舎も大切ですが、馬体のバランスを重視しています。

 

第1次募集が9月6日から9月12日となっています。短いですが、じっくり楽しみたいと思います。もう少し長かったらといつも思います。

 

去年は最優先で外れたので優先順位で少し優位になっています。5頭希望して3頭出資できたのですが、牝馬3頭だったので今年は牡馬を多めに希望したいと思っています。

 

芝の2000M以上で活躍する馬に出資したいと思っていますが、全体的にマイル前後で活躍する馬が多いです。もう少し距離を意識していきたいです。

 

丈夫な馬に出資したいと思っていた時期があり、馬体の好みがパワータイプだったりします。芝でデビューしてダートで活躍するパターンもあります。

 

芝の中距離が好きでしたが、ダート馬だと思って出資していなかった馬が、ダートで活躍してダート馬にも興味が出てきました。

 

9月12日まで、じっくり楽しみましょう。


最強競馬ブログランキングへ

エンシャントロアがラストチャンス

2019年8月24日、新潟4R3歳未勝利ダート1200Mに出資馬のエンシャントロア(牝)が出走します。中央で勝ち上がるラストチャンスだと思います。

 

ノルマンディーで初めて出資した馬で、2歳新馬戦は4着でしたがスピードがあって、すぐ勝ち上がれると思っていました。

 

脚元に不安があって順調に使えなかったのもありますが、8月の時点で勝ち上がれていないとは想像していませんでした。

 

脚元の不安がなくなれば、もっとやれそうな感じがあるみたいなので、もし負けても地方で勝って戻ってくる選択肢はあると思いますが、なんとか中央で勝ち上がって欲しいです。

 

前走は素晴らしいスタートでしたが2番手に控える競馬でした。少し中途半端な騎乗だったと思いました。ハナを切った馬をかわせないまま、後ろから差されて3着となってしまいました。溜めるなら、もっと溜めて、いくならもっと積極的にいってほしかったと思いました。

 

あれだけ素晴らしいスタートで勝てないと厳しいです。スタートが良すぎて、騎乗に迷いがでたのかもしれません。

 

これまでの4戦すべてが木幡巧也騎手で今回で5回目になります。なんとか結果をだしてもらいたです。牧光二調教師のコメントが、いつでも勝てそうな感じなので、うまく乗れば勝てるのかと思ってしまいます。

 

土曜日か日曜日とのことだったので、土曜日が出勤日で、できれば日曜日と思っていましたが、土曜日なのでリアルタイムで観戦できなかなってしまいました。

 

録画して勝つのを信じて仕事を頑張ります。

 

エンシャントロア初勝利、ノルマンディー初勝利を期待しています。


最強競馬ブログランキングへ

一口馬主と大人の事情

ノーザンファーム系の一口馬主は、大人の事情的なものを読むのが大切みたいなことをよく言っているキャロットで出資している友人がいます。

 

個人馬主が1番で。セリが大切。わかりますよ。一口馬主が勝ちすぎるとセリで売られる馬が残り物みたいになってしまいます。

 

だから、なんだと思うわけですよ。

 

サンデーレーシングも個人馬主に近い存在で大切だと。そんな事いわれても、40分の1は無理です。お金ないの選択肢にありません。


最強競馬ブログランキングへ

 

キャロットが勝ちすぎるのは都合が悪いのかもしれません。キャロットで募集が多いエピファネイア産駒は・・・

 

キャロットなら売れるみたいな感じでいってました。今のキャロットならなんでも売れるんじゃないかと思うんですが。

 

エピファネイアはキャロットで活躍した馬なので多くても不思議だと思いません。活躍馬が多く出たとしても、問題ないと感じがします。キャロットで活躍した馬が種牡馬になって産駒を多く募集したら大活躍。大人の事情とは関係ないと思います。

 

「カタログ見て良かったら出資する」と言えば、「それじゃあダメだ」と言われます。政治的な事を考えないといけないと言われます。

 

出資したいと思った馬に出資します。厩舎も気にしていきたいですが、よくわかりません。出走回数が多い、勝率が高いくらいの知識です。

 

その友人はメールドグラースに出資しています。他にもコンスタントに勝っている馬に出資しているので考え方は間違っていないのかと思います。

 

メールドグラースといえば海外遠征の予定です。国内で走ってほしい気持ちはわかります。ノーザンファームの使い分けかもしれません。

 

自分が出資していたら夢があって羨ましいと思います。費用が掛かりますが賞金を稼いでくれているので不満はないと思います。

 

実際に出資していたら文句をいっているかもしれませんが。

 

疑問に思った事があったらクラブに質問してみるのをオススメします。本音かわかりませんが丁寧に答えてくれます。


最強競馬ブログランキングへ

一口馬主は楽しくないのか

一口馬主は、お金の無駄と思っている方がおられるようです。

 

楽しいので無駄だと思いません。始めた頃は勝てませんでしたが、出資しているだけで楽しかった勝てなくても楽しかったです。

 

何が楽しいのか。

 

何でも楽しいです。出資を決める時。デビューする時。初勝利。重賞出走。ホームページの更新。雑誌で記事になったり。そのた色々。

 

出資した馬の兄弟がきになったり。新種牡馬が気になったり。

 

馬券が好きで興味がない方もおられると思います。出資馬に注目しすぎて他の馬に興味がなくなる可能性がありますが。

 

何頭か出資したら勝てると思いますし、一度勝てたら次も勝ちたくなりますし。負けても敗因を考えたり、出走レースを予想したり。

 

個人馬主ではないので意見は通りません。なれれば一番だと思いますが収入的に無理なので一口馬主です。

 

全く勝てなかったら続けられないかもしれません。出資したい馬がいても資金的に検討外なら寂しいかもしれません。そうならないために自分に合ったクラブを選び、活躍する馬に出資したいと考える事も楽しいです。

 

無理のない範囲なら楽しいと思います。お金の掛かる趣味は他にもありますし、無駄とも思いません。もうすぐキャロットのカタログが届きます。楽しみです。

マイケル・タバートさんから学ぶ

マイケル・タバートさんが書いた「馬主の一分」という本を読んでいました。2014年に発売されたものですが、もう一度読もうと思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

馬主の一分 (競馬ベスト新書) [ マイケル・タバート ]
価格:966円(税込、送料無料) (2019/8/19時点)

楽天で購入

 

 

ある調教師さんが預けた馬に対して「JRAでは無理ですよ」と早目にいってくれたそうです。信頼している調教師さんだそうです。

 

未勝利戦が終わるまで、なんとか工夫して、いろいろな条件を使いながら「能力はあるんですけど・・・」みたいな調教師さんが苦手のようです。

 

掲示板にすら乗らない馬に対して同じことがあったような気がします。一口馬主の場合は違うと思いますが・・・

 

未勝利のまま二桁着順が続いても、未勝利戦が終わるまでは引退しないです。「JRAでは無理ですよ」なんて言ったら「募集するなよ」と怒られると思います。

 

馬主デビューしたころは頭数を増やしたくて100万以下の馬をセリで買っていたりしたそうです。40万、50万で買える馬がいるので驚きました。

 

100万以下の馬だとJRAでは通用しないと思い質を重視するようになったそうです。値段がすべてではないが、ある程度の資金が必要とのことです。

 

「100万以下の馬」で思ったのですが、一口馬主で600~800万の牡馬は近いものがあるのではと思いました。牝馬なら牧場に返す前提で安くても理解できますが、牡馬の場合は危険な感じがしました。

 

ハナズゴールは他の馬と合わせて350万で購入したそうです。これを知ると安い馬でも活躍すると思ってしまいます。でも稀なケースなので、1000万以下で良い馬がいたら、1勝して楽しめたらではなく、運良く1勝できたらくらいの気持ちで出資した方が良いのかと思いました。

 

以前読んだときは気にならなかった事も、時間が経ってから読むと違った感想になるもんだと思いました。馬券関係の本も読みますが、生産者、馬主、調教師など数は少ないですが好きで読んでいます。

 

他の本も、もう一度読んでみようと思います。違った発見があるかもしれません。


最強競馬ブログランキングへ

一口馬主で出資して募集価格より賞金を稼ぐ

一口馬主で利益を気にしていない方もおられると思います。でも勝たないと楽しくないと思いますし、出資した馬が活躍しないと資金が底をついてしまいます。

 

無理のない範囲で多くの馬に出資したいと考えています。多くの馬に出資して、多く出走できれば楽しいと思っているので、未勝利引退ばかりだと困ります。

 

最低限の目標が1勝です。未勝利戦が無くなると引退となります。1勝クラスで通用するとクラブが判断した場合、地方で勝って中央に復帰する場合があります。成長が遅い場合か怪我の影響で勝ち上がれなかった場合です。

 

未勝利のまま1勝クラスで勝ち上がりを目指すことは可能ですが出走条件が厳しいので出資馬で未勝利で1勝クラスを勝ち上がった経験は出資馬ではありません。

 

無事1勝できたら次の目標が募集価格を超える賞金を稼ぐことだと考えています。2019年8月で勝ち上がり率が46.7%で募集価格より賞金を稼いだ馬が20%となっています。一口馬主DBというサイトに出資馬を登録すると計算してくれるので参考にしてみてください。

 

この2つの数字をもっと上げたいと思っています。現4歳は5頭に出資して4頭が勝ち上がって1頭が募集価格を超える活躍をしています。2頭が1、2回掲示板に乗れば超えそうですが最近苦戦しています。

 

3歳は8頭出資して4頭が勝ち上がっています。1頭勝ち上がれそうな馬がいますが未勝利戦が無くなってしまうので次がラストチャンスです。地方に行っても戻ってこれる力があると思っていますが、なんとか中央で勝ち上がってほしいです。2頭が募集価格を超える活躍をしていている点は順調です。

 

募集価格が1000万前後だと1勝して何回か掲示板に乗ることができれば募集価格を超えるので簡単そうですが、なかなか難しく甘くはないと思っています。出資馬で1番安くて募集価格を超えたのが1200万の牝馬1頭です。

 

募集価格4000万以上で1口10万以上の馬に7頭出資して6頭が勝ち上がっていて2頭が募集価格を超える活躍をしています。勝ち上がり率は高いので血統は重要だとわかります。それでも募集価格を超えているのが2頭で簡単ではありません。

 

実績がある血統なので価格が高いので好成績が当然ですが、血統が良いと人気があり出資できたときは勝負だと思っています。

 

募集価格を超えるならダート馬が楽だと思います。クラシックを狙えそうな馬は割高でと思います。それに比べるとダート馬は比較的割安だと思います。1億を超える馬はクラシックを狙えそうな血統です。

 

募集価格に関係なくスピード、丈夫さは大切です。まずは1勝することが必要ですし、デビューできないと始まりません。次に成長力です。勝ち上がった後に力をつけていくことが必要です。

 

一口馬主の馬全体の平均で募集価格を超える活躍をしているのが20%くらいのようです。5頭出資したら1頭という数字です。現時点で同じくらいの確率となっているので上回れるよう頑張っていきたいです。


最強競馬ブログランキングへ

一口馬主は余裕が大切

一口馬主を楽しむには余裕が大切だと思います。無理して出資しない資金的な余裕、勝てなくても次がある気持ち的な余裕。

 

クラブ選びは大切です。自分にあったクラブを探しましょう。

 

一口馬主DBというサイトのクラブ分析で探してみて下さい。勝ち上がり率、平均募集価格、活躍馬など調べる事ができます。

 

長く続けられそうなクラブを探してみてください。カタログ(無料)を取り寄せて検討するのも良いですが、多くのデータを見ての検討をオススメします。

 

その年に出資したい馬がいても次の年から出資したい馬がいない場合があるので、種牡馬や価格など総合的にみてクラブを選択した方が良いと思います。

 

1世代1頭に出資できれば満足な方もおられると思いますが、個人的には1世代3頭以上をオススメします。1頭だと未勝利引退、最悪未出走引退もあるかもしれません。勝ち上がり率が低いクラブでは30%くらいのクラブもあるので3頭以上が良いのではと考えます。確率の問題ですが。

 

勝ち上がり率が50%を超えるクラブがあります。人気があり希望する馬に出資できないことがありますが、平均的にレベルが高いので活躍馬を見つけやすいです。新規入会だと残った馬から出資しなくてはならないので最初の年は我慢が必要です。

 

価格が高いので資金的に無理がなかったら、勝ち上がり率が高いクラブがオススメです。平均的にレベルが高い中からクラブ内で良い馬を見つけることができれば活躍馬に出資できると思います。そのかわり見つけても人気馬だと出資できない可能性が高いです。でも出資できそうな馬でもレベルが高いので楽しめます。

 

優先順で除外されて抽選もされなくて悲しかったことがありました。次の年に優先順位が上がるクラブでしたが、抽選が厳しくないクラブにも入会しました。抽選で外れても他クラブで出資したい馬に出資できるので気持ちに余裕ができました。

 

勝ち上がり率が30%のクラブだと比較的希望馬に出資しやすいです。1番良いと思った馬に出資したいと思っているので見つけることができれば・・・

 

勝ち上がり率が低いクラブは価格が安いです。安くても活躍する馬はいます。種牡馬

のラインナップもノーザンファーム系とは違うので面白いです。一口馬主DBで確認するとわかりますが、クラブ馬の成績に安定感がありません。勝ち上がり率が20~40%と不安定です。

 

ノーザンファーム系の勝ち上がり率が高いクラブは50~60%くらいの高いレベルで安定しています。2勝馬の確率が30%だったりする年もあります。

 

なかなか勝てない時もあると思います。でも勝てない時期が長いと勝った時の喜びが大きくなります。無理のない範囲で世代3頭以上出資して、半分以上勝ち上がってくれたらみたいな余裕をもてれば楽しめるのではと考えます。

 

最初の年に無理をしないで、次の年も3頭以上出資できる余裕があった方が良いと思います。3頭以上は個人的な意見です。少数精鋭がダメだとは思いません。

 

一口馬主専用の口座を作るのも良いかと思います。どんどん減って嫌になる可能性がありますが、管理しやすくなると思います。

 

ある競馬サイトで出資馬の掲示板がありますが、「弱い」とか「絶対こない」とか書いてあるので怖いと思って、ここで好きなことを書いています。

 

自分の経験から参考になることがあったらうれしいと思って書いています。出資馬について思った事を好きなように書いています。

 

文章が苦手で伝わらない事が多いかもしれません。これからも思った事を書いていきたいと思っているので、よろしくお願いします。


一口馬主ランキング